ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【便利機能テンコ盛り】2パターンのスタイルでオフショアゲームを快適に!第一精工「マルチスタンド130」が遂に発売スタート

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オフショアゲームの必需品「ロッドスタンド」。

初めから遊漁船に備え付けられていることも多く、そういったことを気にすることって少ないかもしれませんが、「ルアー&リグ交換」や「ポイント移動でロッドを置く時」など…。良く考えると活躍する場面って何かと多いですよね。

さて! そんな「ロッドスタンド」の基本性能に加えて、さらに便利機能が色々満載なこちらのアイテム…、遂に登場したそうですよ!

 

マルチスタンド130【第一精工】

第一精工のNEWアイテム「マルチスタンド130」が遂にリリース開始!という訳で、今回は改めて特長をおさらいしていきたいと思います!

対応ロッド径 クランプ取付有効幅 ロッド角度 材質 備考 重量 収納サイズ 税込価格
Φ36mm以下 15~130mm(タテヨコ取付) 上下8段階・首振り角度自由自在。 ガラス繊維強化プラスチック ラインフック搭載、ハンドルリング付属 588g 255mm×135mm×74mm ¥5,720

第一精工公式「マルチスタンド130」詳細ページはこちら

 

マルチスタンド130」は名前の通り、マルチに使えるロッドスタンド。パイプを回すだけで「ロッドキーパースタイル」、「ロッドスタンドスタイル」といった2通りの便利機能を使いこなして、オフショアゲームを快適に楽しむことができるといったアイテム! スピニングとベイトの両方に対応しており、取り付け幅が広いのはモチロンのこと(可能幅:15~130mm)、縦付けと横付けの両方に対応しているという、正にマルチな超便利アイテム!

 

実物がこんな感じ!

ロッドキーパースタイル

 

ロッドスタンドスタイル

 

ネジで簡単取り付け!縦付け&横付け両方対応

 

ロッドキーパースタイル

2通りのスタイルでオフショアゲームが快適になるとお話しましたが、特に注目していただきたいのが「ロッドキーパースタイル」。

写真はプロトになります

 

そもそも「マルチスタンド130」が生まれた理由も、このスタイルが大きく関係していて、日本海のイカメタルなどの釣りを得意とする遊漁船「第七佐藤丸」の船長が「ラークシリーズ」にエンビパイプを装着して使っていたことがことの始まり!

エンビパイプを装着した実際の写真

出典:第七佐藤丸公式HP

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

 

45°まで角度を倒すことができるため、イカメタルゲームやバチコンアジングで船の揺れを活かしてターゲットを誘う「ほっとけ釣法」が可能。また、リグをフォールさせている状態で他の作業ができたり、リグを変更する時も穂先にラインが絡みにくいなど、メリットが沢山あるということで第一精工がその案を取り入れて製品化することに。当初はパーツ販売としてパイプだけを開発する予定だったそうですが、パイプを縦にすれば普段のようなロッドスタンドにもなるということに気付いたことで、1からアイテムを作ろうとなって「マルチスタンド130」を開発。

 

つまり、ロッドキーパースタイルのメリットをまとめると、リグ交換時も穂先にラインが絡まらずスムーズ! そして、イカメタルやバチコンアジングであれば、ロッドを挿入した状態で釣りが可能といったトコロ。

 

ロッドスタンドスタイル

続いて「ロッドスタンドスタイル」の解説。こちらのスタイルは基本的にポイント移動時に活躍。ロック機能が付いているので、グラつくことも無いので安心! ロックの解除に関しては本体の凹の位置を押し込むだけ。

 

その他の便利機能にも必見!

大きな注目ポイントは2通りのスタイルで快適にオフショアゲームが楽しめるというトコロですが、他にも色々な便利機能が備わっているので、これから順番に紹介していきますね!

 

角度調整ができる

「ロッドキーパースタイル」でロッド角度を、上下8段階まで調整可能。

写真はプロトになります

 

さらに、首振り角度も自在に調整できます。

 

ラインフックを搭載

ポイント移動時やリグチェンジの時に、ルアーが暴れて不意のロッドティップ折れを防ぐラインフックも搭載。

 

パーツ販売を利用してカスタムもオススメ!

 

マルチスタンド130」単体使用で大体の船べりに対応しますが、場合によって取り付け幅が130mmを超えている船べりへの装着が必要な時や、船べりに元々「ラーク900」のベースが装備されているといったことも…。そんな時でも充分対応できるように第一精工ではパーツ販売も行われています。具体的にショップや第一精工公式HPでパーツ購入することができますので、「ラーク900」の「NO.26 ベースセット(09076)」、「NO.2 セットネジ(09056)」をパーツ注文することでベースタイプに。

 

一方、「チビラークロング」の「NO.30 クランプセット(09058)」、「NO.25 ハンドルリング 5mm(09189)」、「NO.27 セットネジ(09056)」をパーツ注文することで、取付幅90~160mmのロング仕様に変更することが可能になります。

 

ぜひ、装着したい船べりに取り付けることができなかったり、少しカスタムをしてみたいという方はぜひパーツ販売も参考にしてみてくださいね! 各製品ページの下側にある「パーツ」ボタンをクリックすることでパーツ購入ができますよ。

 

こちらの動画もご一緒に!

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

 

 

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

 

以上! 「マルチスタンド130」の紹介でした! ぜひ店頭で見抱えた際はチェックしてみてくださいね!

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。