ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サイズ約92mm/ウエイト16g】さらに大きくなってアピール力倍増!ゲーリーヤマモト「3.5″ヤマタヌキ」が2022年4月登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こちらの動画、ご覧になられましたか?

出典:YouTubeチャンネル「GaryInternational」

 

YouTubeチャンネル「GaryInternational」で先日公開されたばかりの動画で、2022年4月登場の2.5″ヤマタヌキのサイズアップモデル「3.5″ヤマタヌキ」を使い、飛距離測定を行っているという内容! 動画内では最大52.5mというブッ飛び具合をご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

さて! 飛距離はモチロン実釣性能にも優れマクリな「3.5″ヤマタヌキ」。店頭でもボチボチ並び始めた頃だと思いますので、今回は改めて特長を振り返っていきたいと思います!

 

3.5″ヤマタヌキ【Gary YAMAMOTO】

2.5″ヤマタヌキをさらに大きく。

自重、サイズ、見た目のインパクトがアップしたことによりアピール力も倍増! 「3.5″ヤマタヌキ」が遂に登場となります…。

 

1inのサイズアップということで、イマイチどれだけ大きくなったのか想像しにくいと思いますが、実物を見ると大きさの違いにビックリ! ボリュームが増しマクリです…。

 

オリジナルと比較するとサイズは29mmアップ。自重は2倍以上の16gというヘビー級! 長さだけでは1inアップにはなりますが、自重やボディ幅などが大きく増していることによってメチャ大きく感じますよね! 因みに推奨フックサイズは「スゴイフック」の#4/0もしくは#5/0。こちらも参考にしてみてくださいね!

 

具体的な性能はオリジナルと同様

そんな「3.5″ヤマタヌキ」の具体的な性能に関してはオリジナルと同様。

 

丸みのあるボリューミーなテール

ボリューミーなボディには同様、存在感のあるテールが搭載。

アクションをさせることで、「プルプル」とした独特な波動を発生し、止めるとシッカリ動きが止まる。正に「静」と「動」といったメリハリのあるアクションを生みだしてくれます。

 

上下に幅広なスリットを採用

ボディの背中側とお腹側に幅広なスリットを上下に配置。

このようなスリットが施されていることで、オフセットフックをセットした際に全体的なシルエットの違和感をなくしたり、フッキング率を高めてくれるといったメリットが秘められています。そもそも、ファットボディなのでフッキング性能を上げるため、一般的なワームに施されているスリットよりも、カナリ幅のあるスリットが入っていますよ!

 

様々なリグに対応!

では、3.5″ヤマタヌキを一体どういうリグで使用するのか?

正直、万能で色んなリグで使うことができるのですが、基本的にはノーシンカーがオススメ! それ以外でもモチロン、テキサスリグやジグヘッド、フリーリグ、ネコリグ、ダウンショットといった様々なリグに対応。また、飛距離とアピール力を上げるといった目的で、ラバージグやチャター、バズベイトなどのトレーラーなどにしても良さそうだなー…、なんて思ったり。

1 / 2
次へ