ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ラインリボルバー】ジャクソンNEWブランド「セレクテッド」から画期的ライン巻きグッズが登場

寄稿:横川隼大
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、横川隼大です!

今回は、ジャクソンNEWブランド「Selected セレクテッド」から間もなくリリースされる新商品をご紹介いたします。

横川 隼大(HAYATA YOKOKAWA ) プロフィール

JBスーパーバスクラシックを史上最年少で優勝(2009年)。趣味: ルアーいじり。1989年生まれ、埼玉出身、静岡在住

 

まずは、セレクテッド商品のおさらいから

…とその前に、この「セレクテッド」というブランドなんですが、その名の通り、選び抜いた商品をリリースするために立ち上げたNEWブランドで、すでに4アイテムがリリースされています。


ジャクソン公式「ロッドエッグ」の詳細はコチラ

 

ジャクソン公式「ポッシュ」詳細はコチラ

 


ジャクソン公式「シューポン」詳細はコチラ

 


ジャクソン公式「ディッピングボックス」詳細ページはコチラ

 

お待たせしました!セレクテッド第5弾ラインリボルバーをご紹介

さて、本題の「セレクテッド」第5弾となるNEWアイテムは「ラインリボルバー」です。

発売は2022年春以降を予定
※新型コロナウィルスの影響により当初の発売時期から遅延しております。
ジャクソン公式「ラインリボルバー」の詳細はコチラ

ラインを巻くことが趣味な私は、様々なメーカーのライン巻き補助具を試した結果、「ラインリボルバー」のようにシンプルな形状がベストだと考えました。
…と言うのも5千円近くするライン巻き補助具でも割り箸でもラインの使用感は、あまり変わらないと思ったからです。
一見ただの箱に見えますが、ラインをリールに巻くときの「超便利」なお助けアイテムです。「ラインリボルバー」はラインの巻替えを頻繁におこなうトーナメントでこんなアイテムがあったら便利だな~と考えていた力作です!

 

使い方は超簡単!
セットして巻くだけ

ボビンのサイズに合わせてラインリボルバーにセット!
あとは一定のスピードでリールを巻くだけです!

1点、 注意としては指でラインにテンションをかけながらリールを巻くこと。これをしないとバックラッシュの原因となります。
私的には、機械でテンションをかけるよりも自分の指で感触を確かめながらテンションをかけた方が安心できるので、むしろ良い点だと考えています。

 

こだわりポイント1
幅広いボビンサイズに対応!

25mm・32mm・45mmの3タイプの仕切りがあり幅広いボビンサイズに対応できます。

 

こだわりポイント2
適度な重さ!

開発段階で一番苦労したのがここです。ラインを巻く時の振動でも本体が動かないちょうど良い重さの約320gに設計!

 

こだわりポイント3
工具箱としてもちょうど良い

ハサミなどを入れておけばラインを巻いた後に、すぐにラインを切ることができます。ハサミをすぐに無くす私にとってとても重要です(笑)。

 

一見、ただの箱に見えますがライン巻く時に必要な全ての要素を入れ込んだラインリボルバー! ぜひ、使ってみてください!

ジャクソン

1980年設立、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。 ロングラン人気を誇るアスリートシリーズなどシーバスルアーをはじめ、サゴシ、チヌ、青物、ロックフィッシュ、アジ、メバルなどSW各ジャンルのルアーやロッドなどのアイテムを続々と発表。またソルトだけでなくまたバスやトラウトアイテムも豊富。 様々なルアーターゲットに向けたこだわりのルアー、タックルを輩出している。