ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アピールに特化しマクリなメガサイズが降臨】狙うエリアやアクション方法などに必見!藤井春平によるViva「超どんぐりマウス」の使い方講座

寄稿:藤井 春平
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 藤井春平です。

気温も上がりはじめ、ポカポカしてきて快適に釣りを楽しめる時期になってきましたね。そしてまた、デカイのが釣れる季節でもあります! さて、今回は待ちに待ったどんぐりマウスシリーズの新作であり最大サイズ! 「超どんぐりマウス」について少しお話させていただきたいと思います!

藤井春平(Fujii Syunpei) プロフィール

子供の頃からスポーツ大好き。フィジカルの強さを生かして、地元四国を中心にバスフィッシングに邁進する日々を過ごすアラサーアングラー。2019チャプター愛媛AOY獲得。好きな色は緑色。

 

そもそも「超どんぐりマウス」とは?

さて、今回の主役「超どんぐりマウス」は、Vivaがラインナップしているどんぐりマウスシリーズの中でも最大サイズを誇る羽根モノ! 全長80mmでウエイトが30gもあるデカハネ! どんぐりマウスシリーズの特長でもある、硬質アルミウイングとスペーサーを継承。サイズ感アップ、そしてアピール力がさらにアップしました。とにかく、アピールに特化しマクリな羽根モノになります!

 

狙うエリアは?

そんな「超どんぐりマウス」で主に狙うエリアに関してですが、プリスポーンのデカバスを1発狙うならやはり、シャローエリアや岩盤がベスト! 産卵場所となるエリアにデカバスが入って来ることが多いので、効率良く探ることができますよ! また、春に限らずベイトの多いエリアに入ることも重要ですかね。

三寒四温という言葉がある通り、春のチャンスはポカポカ陽気の日! 水温が温たまってくるので、シャローにバスが浮いてきます。春はとにかくスローに誘うことがキモですかね。

 

操作方法

アクション方法に関してですが、キャスト後はまず一旦ポーズをとります。

その後は、ロッドを上げてラインをなるべく水面に付けずに一定のリトリーブスピードで巻くことがオススメ! リトリーブスピードを一定にすることで、痺れを切らしてバイトに持ち込めるケースが多いです! リトリーブスピードについては、その時のバスの状態でスローにしたり、早巻きにしたり色々工夫してみましょう。

 

最後に

自分も大好きな羽根モノ! どの時期や時間であってもトップで釣れると興奮しますよね! バス釣りの醍醐味の1つではないでしょうか? 3月末から晩秋までは羽根モノが楽しめるシーズン。「超どんぐりマウス」でダイナミックなバスフィッシングを楽しんでみてくださいね。

Viva(ビバ)

バスフィッシングアイテムをメインにナマズやエリアトラウトなどのアイテムを輩出しているブランド! コーゾースピンシリーズ、どんぐりマウスシリーズ、Vivaのサターンワームシリーズなどオカッパリで使いやすいアイテムが特に人気を集めている。