ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【まさかの1投目で?!】テスター柿本岳志、フィッシュマン「BRIST comodo7.5H」でアフターシーバスに挑む

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは

愛知のフィッシュマンフィールドテスター柿本岳志です。

三寒四温真っ只中ですが…私のホームにもようやくシーバスが産卵から戻ってきました!

柿本 岳志(KAKIMOTO TAKESHI) プロフィール

ライトソルトからクロダイ、シーバス、淡水魚まで…四季折々、ルアーで狙える魚をオールシーズン追いかけ続ける愛知在住のマルチアングラー。

 

キモはロッドセレクトにあり?取り回し重視で「7.5ft」をチョイス

この時期から私はメバルとシーバスの板挟みで大変忙しくなります。

先日も釣行へ! そして、この日はメバルというよりシーバスチャンス!

メバル用のロッドULクラスから、今回はBRIST comodo7.5Hに持ち替えてアフターシーバスに臨みます。

 

取り回しの良さも魅力の「BRIST comodo7.5H」

フィッシュマン公式「BRIST comodo7.5H」詳細ページはこちら

地形的にロングロッドは取り回し悪いので7.5Hを選択したわけですが、このロッドがまたよく飛ぶんですよね。長さの割に飛距離が出るのが7.5Hのいいところ!そして、グリップが体に干渉しないので快適に釣りができます。

さて、いよいよ実釣スタートです。潮目が近づいてきたタイミングを見計らってダウンにキャスト。潮目の中にできるだけルアーを留めておいて、ベイトを探しまわるシーバスに見つけてもらう…という作戦です。

狙っているのは回遊系シーバスなので、ヒットまでに時間が掛かるだろうな…と思っていると、5分くらいであっさりヒット!というか一投目でした。手前にはストラクチャーが眠っているので掛かりとパワーを信じてゴリ巻きファイト!ずり上げた瞬間にフックオフ…危なかった…。

 

その後は連発とはいきませんでしたが、ぽつぽつ釣れて開幕を感じさせてくれる釣行となりました。みなさんもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

タックルデータ

ロッド:BRIST comodo7.5H (Fishman)
リール:STEEZ A TW(ダイワ)
ライン:PE2号
リーダー:フロロリーダー20ld
ルアー:ユニフォース100F(LEGARE)

 

関連動画

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

 

Fishman

「ゼロバックラッシュ」「飛距離」「高精度ピンスポット撃ち」を追求したベイトロッド専門メーカー。 怪魚ハンターとしても知られる赤塚ケンイチ氏が代表を務め、同氏の豊富な経験がフィードバックされたロッドは、繊細な渓流から秘境のモンスターまでさまざまなスタイルに対応するラインナップ。