ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【AKチャンク3.4inch】赤松 健プロデュース! AKチャンクのコンパクトバージョンが2022年3月18日登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

イッセイ赤松健さんプロデュースものとして人気のチャンク系ワーム「AKチャンク」。
そんなAKチャンクのコンパクトバージョンが2022年3月18日に登場!

赤松健(Akamatsu Ken) プロフィール

高校3年生の時に村上晴彦に出会い、村上晴彦の釣りやスタイルに惚れて弟子となる。 琵琶湖、五三川がホームグラウンドで柔軟な発想で楽しく真剣にバスフィッシングと向き合うアングラー。 2018年に師匠と同じisseiに入社。自身がプロデュースするルアーも輩出中。 1985年生まれ、滋賀県出身、滋賀県在住。大の生き物好き。

 

AKチャンク3.4inch【イッセイ】

2022年3月18日登場

赤松さんいわく「ポークを超えるべく設計したチャンク」として登場させたのがAKチャンク4inch!

そんな”AKチャング”のコンパクトモデル「AKチャンク3.4inch」が2022年3月登場!

このAKチャンク3.4inchはオリジナルサイズの4inchから単にダウンサイズされただけでなく、全体のバランスが一から再構築され、アクションレスポンスが向上。

また小型サイズでありながら、大きく艶かしい揺らめき、ブワーっと倒れ込む余韻アクションでバスを誘ってくれます。

あとカラーバリエーションによって塩入り、塩無し(NS)が設定されているのも大きな特長。
ポークでは出しえなかったワーム素材ならではのアクションと視覚アピールの融合を実現し、あらゆるシチュエーションに対応してくれます。

商品名 入数 定価(税別)
AKチャンク 3.4 4 ¥800

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

 

村上さんによるAKチャンクの解説動画もぜひチェック

【村上的】#131 新発売『AKチャンク3.4』小型化でも“デカい余韻”【バス釣り】

出典:YouTubeチャンネル「 issei一誠」

3.4″と4”の比較

 

AKチャンク3.4のカラーは全8色
全8色中3色は (NS) =ノンソルト塩無しのマテリアル

それでは1色1色見ていきますね!

#06 ベビーシャイナー(稚魚)

#07 グリーンパンプキン

 

#17 スパイシーブラック(NS)

#37 ブラック/レッド

 

#41 稚ギル

#46 アカマツSP(NS)

 

#64 AKスモーク(NS)

#65 ダークパンプキンBLF

 

さて、今回登場したAKチャンク3.4Inchとともに開発が進められていたブツも間もなく登場予定! それは…

 

AKラバージグJr. 7g  9g

2022年4月登場

AKラバージグJr.は、その名の通り、AKラバージグをコンパクト化したモノ。
赤松さんいわく、このAKラバージグJr.は、今回、同時に発売される新作AKチャンク3.4に合うベストなラバジとして作ったとのこと!

MHパワー程度のロッドからベイトフィネスなど、少し柔らかめのロッドでもアクションしやすいハイレスポンス設計になっています。

バランス的には低重心ヘッド・後方重心デザインになっていて、ボトムアクションだけでなく、アクションを加えながらのスイミングでも使えるようになってるのが特長。フックはトレーラーワームのホールド性に優れたオーナーばり製カッティングポイントディープスロート”が採用されています。

とにもかくにも、釣れるバスのサイズも広がり、いろんな使い方ができるコンパクトラバジになっています!

商品名 フックサイズ 定価(税別
AKラバージグJr. 7g #1 ¥620
AKラバージグJr. 9g #1 ¥620

 

写真下がAKラバージグJr.とAKチャンク3.4のコンビ

AKラバージグJr.のカラーは8色

 

以上、赤松健さんプロデュースの2022年3月に登場した新作!AKチャンク3.4、そして4月に登場予定のAKラバージグJr. 7g  9g、の情報をお届けしました!

間違いなさそうです!

issei 一誠 (issei )

魚遊びの天才”村上晴彦をルアーデザイナーに据え、設立された滋賀県を拠点とするルアーメーカー。 その後、村上晴彦の弟子として赤松 健も開発スタッフに加わり、創意工夫満点のルアーを続々と発表中。