ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボックス好きはたまらない】メガバス「LUNKER LUNCH BOX(ランカーランチボックス)」3サイズがリニューアル

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

好きです、ボックスが。

お気に入りのボックスとの出会いは見た目で気分が上がる、ジャストなサイズが気持ちいい、ルアーが取り出しやすくなり釣りの効率が上がる…云々。

春の衣替え…というわけではないですが、メガバスの人気ボックス「LUNKER LUNCH BOX」各サイズがこの春リニューアルするそうで。

 

LUNKER LUNCH BOX(ランカーランチボックス)

2022年4月下旬登場予定

メガバス公式「LUNKER LUNCH BOX」詳細ページはこちら

一新されるのは3010、3020、2010の3サイズ。良いですねぇ、オカッパリやボート、スタイル問わず使い勝手の良いサイズ感が。

 

LUNKER LUNCH BOX MB-3010NDM RED

まずはもっともスタンダードな「MB-3010NDM RED」。

205mm×145mm×40mmというサイズ感で、ゲームベストのポケットにもピッタリ収まります。ワームプルーフとして使用している方も多いサイズ感ですよね。

製品サイズ:205mm×145mm×40mm 最大内寸:約196mm × 約121mm × 約35mm 本体: ポリプロピレン 止具: ABS 可変仕切板3枚付、ワンタッチ式止具 メーカー希望小売価格:800 円 (税別)

メガバス公式「LUNKER LUNCH BOX MB-3010NDM RED」詳細ページはこちら

 

LUNKER LUNCH BOX MB-3020NDDM RED

続いては3サイズの中で最大サイズ。ビッグベイトなどの収納にベストな「MB-3020NDDM RED」。

製品サイズ: 255mm × 190mm × 60mm 最大内寸: 約246mm × 約166mm × 約55mm 本体: ポリプロピレン 止具: ABS 可変仕切板4枚付、ワンタッチ式止具、ワームプルーフ、ディープタイプ(深型) メーカー希望小売価格:1,250 円 (税別)

メガバス公式「LUNKER LUNCH BOX MB-3020NDDM RED」詳細ページはこちら

 

LUNKER LUNCH BOX MB-2010NDDM BLACK

最後は13cmクラスのプラグなどに対応、水抜きダクト搭載で丸洗いができる「MB-2010NDDM BLACK」。もちろんバスにも使えますが、シーバスやロックショアなど…よりソルトに寄せたイメージでしょうか。ゲームベストにもジャストサイズです。

製品サイズ: 210mm × 145mm × 60mm 最大内寸: 約194mm × 約122mm × 約55mm 本体/仕切板: ポリプロピレン 蓋/止具: ポリカーボネート 可変仕切板1枚付  メーカー希望小売価格:1,000 円 (税別)

メガバス公式「LUNKER LUNCH BOX MB-2010NDDM BLACK」詳細ページはこちら

 

ボックスなんていくつあっても良い。どうせルアーは増えていく一方だから。

オシャレな見た目に加え、使いやすさもバツグン。メガバスのNEWランカーランチボックスでハイシーズンの準備を!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。