ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【強波動でユックリ巻ける】遠賀の若獅子!高柳岬が「春の爆釣メソッド”ボリュームベイト”を語る」

寄稿:高柳 岬
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
春のバス釣り特集

皆さんこんにちは! O.S.Pフィールドスタッフの高柳岬です。

3月に入って日照時間も延びてきましたね。気温と水温が上昇していくと共に、バスもスポーニングに向けて増々活性が上がってくる頃だと思います! そんな早春のデカバスを攻略する方法も本当に色々…。フィネスでピンスポットをジックリ攻めたり、巻きモノやビッグベイトなどで広く全体を探るなど。アングラーによってスタイルも異なるとは思いますが、今回は少しでも皆さんにイイ春バスをキャッチしていただけるように、普段私が春に多用するあるセッティングを紹介させていただきたいと思います!

高柳 岬(Misaki Takayanagi) プロフィール

幼少時期から遠賀川をメインにバスフィッシングの腕を磨き続けている「遠賀の若獅子」。O.S.P製品を駆使しながらロッドマン主催の「ロッドマンおかっぱり大会」をはじめ、数々の大会で安定した成績を収める若手実力派アングラー。得意なスタイルも巻きのストロングフィッシングから軽量ルアーのフィネスまで色々!

 

アピール力とレンジキープ力に優れる! 春の爆釣セッティング「ボリュームベイト」を紹介

はい、今回紹介させていただくのが「ボリュームベイト」になります。

 

具体的に説明させていただくと、スピナーベイトにボリュームのあるワームを組み合わせた物。では、このセッティングを施すことでどういったメリットが生じるのか? まず1つ目はアピール力が上がります。ボリューミーなワームをセットすることで、存在感を増すことができ、遠くからでもバスを引き寄せてくることが可能に。続いて2つ目は、レンジキープ力に優れているトコロ。トレーラーをセットすることで、何もない状態よりも水の抵抗がプラスとなり、狙いのレンジをキープさせやすくなります!

 

さらに付け加えると、水の抵抗とレンジキープ力が共にアップするため、スローリトリーブでもバスに対してシッカリ、ルアーを見せつけることができます! 色々メリットを解説しましたが、それらの要素が早春以降にカナリ有効で、この時期には欠かせないセッティングとなっています。

 

ボリュームベイトで使用するルアーについて

そんな春のデカバスを呼んでくれる「ボリュームベイト」で普段使用しているスピナーベイトは「ハイピッチャーMAX」。コンパクトで扱いやすいサイズ感ながらサイズ以上のアピール力を秘めており、長さの異なる2段カットスカートの動きも生命感アリアリ! 扱いやすい+ハイアピールという理由でこちらのルアーを普段から使用しています。

Weight Type Color Price
3/8oz.(ブルー),1/2oz.(レッド),5/8oz.(イエロー),3/4oz.(グリーン) TW・DW 15色 1,320円(税込)

O.S.P公式「ハイピッチャーMAX」詳細ページはこちら

 

トレーラーには「ドライブスティック」や「ドライブシャッド」を使用

そしてトレーラーには「ドライブスティック」と「ドライブシャッド」を使用しています。ただ、個人的に「ハイピッチャーMAX」には「ドライブシャッド」(4in)をセットすることが比較的多いですね。長すぎず短すぎないということを考慮した結果、このセッティングが今のトコロお気に入りです。

Length Color Count Price
3in・3.5in・4.5in・6in 54 10(3in)・8(3.5in)・7(4.5in)・6(6in) 858円(税抜)エコトーナメント対応モデル(Fマーク有)

O.S.P公式「ドライブスティック」詳細ページはこちら

 

Length Color Count Price
3.5in/4in/4.5in/6in 36 7(3.5in)/6(4in)/5(4.5in)/4(6in) 858円(税込)エコトーナメント対応モデル(Fマーク有)

O.S.P公式「ドライブシャッド」詳細ページはこちら

 

やはりボリュームベイトを使っていて良いなと感じる点は「強波動でユックリ巻ける」こと。「ドライブスティック」と「ドライブシャッド」を組み合わせることで、テールがある分、移動距離を抑制することができるのでジックリバスへルアーを見せつけることができます。試運転状態であるプリのデカバスに対しては、特にこのバランスが効果的! 波動の強さでルアーに気づかせて、スローな誘いでバイトさせるということが「ボリュームベイト」は可能にしてくれます。

1 / 2
次へ