ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【魚はいる。あとはどう食わすか】ジャッカル吉岡進流「東京湾アジ・メバ」の楽しみ方/魅惑のボートライトゲーム

連載:ジャッカルソルト
寄稿:吉岡 進
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、吉岡進です。

皆さん、アジングやメバリングは大好きですよね? 繊細なタックルを使い、アタリを取ってビシッと気持ちよく合わせ、ライトゲームならではの引きの強さを楽しむ…。オカッパリからのアジングやメバリングは、僕も大好きな釣りのひとつです。

 

でも、関東在住の僕には、東京湾でのアジング、メバリングの厳しさも分かります。残念ながら立入禁止のポイントが多く、釣れる場所がものすごく限られているから競争率も高い。しかも魚がいるのかいないのかも分かりにくい中、暗い夜の海に向かって延々キャストを続けるという、これから始めようと言う人にとってもなかなかタフな状況なんですよね…。

そこで今回僕がオススメしたいのは、東京湾のボートライトゲームです。

吉岡 進(Susumu Yoshioka) プロフィール

「よっしー」の愛称で知られるジャッカルのソルトプロスタッフ。10代の頃はブラックバスにはまり、その後はオフショアソルトの世界にトップリ! 関東を拠点に一つテンヤ、オフショアタチウオ、ジギングなど、オフショアルアーゲームをマンキツ中!

 

タフさをほとんどクリア!魅惑のボートライトゲーム

チャーターボートや乗合船からアジング、メバリングを楽しむというのがこの釣りです。

東京湾のオカッパリ・ライトゲームのタフさをほとんどクリアできるのが特長。何しろ海側からアプローチできるので、ポイントはほとんど無限。しかも船長が魚群探知機で群れを確認しながら魚のいるポイントに当ててくれるから、アタリが無かったらいない…では無く、魚はいるからあとはどう喰わせるか!?から入れるので、ヒット率も高いんです。

今とてつもなく釣れている「ジェリーサーディン80 スリムエッジ」

釣り方はオカッパリからのライトゲームとほとんど同じ。船からキャストして、明暗差のあるポイントやストラクチャー表層からボトムまわりを探ります。そしてこの東京湾のボートライトゲームで、今、とてつもなく良く釣れているのが、ジャッカルジェリーサーディン80 スリムリッジです。

 

表層付近をゆっくりと引けることで人気のジェリーサーディンですが、より投げやすく、サイズは大きくなったものの、より食わせ力が高い細身シルエットの昨年登場した80mmのロングモデルがとにかく強力! ゆっくり巻いてポイントを通すだけで、暗所に隠れていたメバルがたまらず飛びついてきます。

 

ジェリーサーディン80スリムエッジが良く釣れるのは、この細身シルエットとキャスタビリディーが上がった事、それにプラグとは違う食感を備えているから。東京湾のボートライトゲームでは、メバルはもちろん、シーバスも食ってきます。ライトタックルでのシーバスは、セイゴサイズでもかなりエキサイティングですよ。

 

アジを狙うなら、タナはメバルやシーバスよりもう少し下の層。1.5〜2gほどのスイスイスイムジグヘッド+ワームで攻めます。ワームはいろいろあって、状況に応じて使い分けしてもらいたいのですが、今、イチオシはジャッカルペケリングタイドMAXです。

早潮の中でも扱いやすい浅溝リブを搭載しており、ボディ中間部にくびれがあるのでアジが吸い込みやすいのも特長となっています。

僕は先日、横浜方面からボートライトゲームを楽しみましたが、同じ東京湾でも、千葉側からの出船だとアジよりメバルの方が良く釣れるなど、海域による違いも楽しめるんですよ。

ジェリーサーディン80スリムリッジやペケリングタイドMAXなど、バラエティ豊かな武器を駆使すれば、釣果に差をつけられるはず。食べてもおいしいアジやメバル、ぜひ東京湾のボートライトゲームで狙ってみてくださいね。

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!