ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【小粒でピリっと】レイドジャパン「エグチャンク」のNEWサイズ?ああ、3inchになってどこでも使える無双系ワームのことか

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

まだ、あるだろ!

はい、まだまだあります。レイドジャパンの2022NEWアイテム。

続いては…

みんな大好き「エグチャンク」! 右から4”、3.5” …ん? なんだこの見慣れないサイズ?

 

EGU CHUNK 3inch

2022年6月頃登場予定

Quantity: 3inch / 7pcs.

関東フィールドやため池でも、違和感なく使えそうなサイズ感。パッと見は小さく、そして少し細長くなった感じ。もう見た目からして、ただのサイズダウンではない雰囲気プンプン。

 

何が変わって、どう良いの?

①:細く長いボディ

まずは、ボディです。細くなったくらいでサイズ自体はあんまり変わってない。

これ、オフセットフックなら1/0~2/0くらいがドンピシャサイズ=いろんなタックルでいろんなリグで使うことができる。テキサス、リーダレスダウンショット、ヘビダン、ヘビキャロ…シンカーを扱うリグ全般に対応するそうな。

特に!近年使用率が高まってきている「フリーリグ」での姿勢やバランスを追求しているとのこと。フリーリグ…バスはもちろんですが、クロダイ(チヌ)やロックフィッシュの類もいけそうな。

 

②:ひとまわり小さくなったツメ

そしてツメ。ひとまわり小さくなっていますが、これがまたミソなんだそうで。

従来のサイズ感のエグチャンクは、そのツメの大きさから障害物を巻き込んでしまい、ヘビーカバーを貫通できない。このツメが小さくなったことでツルッと滑り込むようになり、ヘビーカバーも難なく攻略するという。

 

つまり、めちゃくちゃ幅広く使えるようになった

…そうなんです。

ヘビーカバーからオープンまで、また幅広いリグを使えることでとにかく「幅広く使えるようになった」というのが最大のポイント。

ツメが小さくなったとはいえ、その強いアピールはオリジナル譲り。いつでも、どこでも、どんな使い方でも、小粒でピリリと効くヤツに仕上がっていると。

岡さんもNEWサイズのエグチャンク3inchでいいサイズ釣ってます

 

オリジナルサイズに加え、幅広く使えるダウンサイジングモデルの追加で向かうトコロ敵なしか。

登場は2022年6月頃の予定。そろそろ生え揃っているであろうヘビーカバーで、まずはツルッと…試す人多いんだろうなぁ。

 

関連動画

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。