ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【登場迫る】今チェックしておきたい、ヤマシタ「エギ王Kネオンブライト」の実釣攻略法

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

クラクラウッディ、ピーカンブルー、マッディキング。

各色それぞれの動画が公開され、今か今かと、その登場が待たれるヤマシタの新製品「エギ王Kネオンブライト」

どんなシチュエーションに効くのか、これまでにもご紹介してきましたが…論より証拠。実釣を交えた解説動画がこの程公開。

 

【エギ王Kネオンブライト】「濁り・澄み潮・曇天、荒天のマヅメ」アオリイカのエギングで想定されるタフな状況を次世代の紫外線発光アピール“ネオブラ”で攻略!

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

それぞれのカラーが得意とするシチュエーションで実釣

ピーカンブルー/ネオブラブルー

澄潮や日中に強いとされるブルーの発光色の「ピーカンブルー」は、澄潮はもちろん、ピーカンや潮止まりなどの渋いタイミングで使いってみたいカラー。ヘッドは視認性の高いイエローで、渋い状況のなか障害物をタイトに攻めることを可能に。

 

マッディキング/ネオンブライトグリーン

濁っている状況に効くグリーンの発光色は「マッディキング」。グリーンの発光色に加えシルエットをしっかり出せるカラーリングで、雨後や底荒れの状況でバツグンのアピール力。ラフな状況に強い「エギ王K」では、なくてはならないカラー。

 

クラクラウッディ/ネオブラレッド

今回のカラーでもっとも視認性の高そうなカラー、レッドの発光色の「クラクラウッディ」。マヅメではテッパンとされるレッドの発光色で、波風のあるラフなコンディションや、そもそもイカの追いが悪い時など、“マヅメなのに渋い状況”でぜひ投入してみたいカラー。

 

どんな釣りでも、まずはターゲットがルアー(エギ)の存在に気づいているか…が重要。食う・食わないはそれから。

濁り・澄み潮・曇天、荒天のマヅメ…など、情報が正確にイカに届きにくい状況で、その情報を届けられる「エギ王Kネオンブライト」。登場間近のタイミングでぜひチェックを。

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。