ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ティムコの注目ソフトベイト「ジャーキーポッパー」、その特徴は?大津清彰さんに聞いた

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ティムコの2022年NEWソフトベイトのひとつ「ジャーキーポッパー」

エラストマー素材の特性を活かした、ソフトジャークベイトといえる存在で、名作「野良ネズミ」にはに特徴を持つアイテム。

野良ネズミとともにフィールドで忍ばせることで、グ~ンと攻略の幅が広がるでしょう!

CTジャーキーポッパー

全長: 83mm
ウエイト: 6g
タイプ:フローティング
価格:3個入り・840円(税別)

 

その特徴については、前回の記事でもご紹介させて頂いたので、そちらもチェックしてみてください!

【絶対注目しておいた方がイイ!!】あの「野良ネズミ」と双璧を成す存在となる、ティムコ「ジャーキーポッパー」

大津清彰さんの解説!

そんなジャーキーポッパーを大津清彰さんに簡単に解説してもらいました。

特徴は、前方の斜めにカットされたカップとツルっとしたボディ。

ポッパーのようなカップでスプラッシュを飛ばし、かつ斜めにカットされてパーツのないボディが不規則で複雑なアクションを生む。

ポッパーのような使い方から、連続ダート、ジャークといったキレのあるアクションも得意。

推奨タックルはロッド:6~7フィート程度のL~Mアクションのロッドにラインは8~14lbのモノフィラまたは1~3号程度のPEライン。

フックが重要で、このサイズからは似つかわしくない4/0というオフセットフックを使用すると、丁度7g程度になり、フロッグなどを使うタックルがマッチするそうです!

カラー

#00ソリッドブラック

#01パールホワイト

#09イキイキミミズ

#19エレクトリックシャッド

#20イエロー

#21ベイトフィッシュ

#22カヤネズミ

ティムコ公式ジャーキーポッパー詳細ページはこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。