ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【絶対注目しておいた方がイイ!!】あの「野良ネズミ」と双璧を成す存在となる、ティムコ「ジャーキーポッパー」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ティムコの大津清彰さんが手にするバス……が口にするルアー。これが2022年の新製品のひとつ「ジャーキーポッパー」

エラストマー素材のNEWフェイス。もしかすると、あの野良ネズミと双璧をなす存在になるかもしれない。

CTジャーキーポッパー

首都圏在住の方なら、もしかしたら浅草の某オブジェを思い浮かべるかもしれない次世代ソフトルアー「ジャーキーポッパー」。

これ、スゴいかもしれない。

 

まず、冒頭でも紹介した通り、ティムコの超高実績エラストマー素材のルアーといえば野良ネズミが挙げられます。

ご存知の通り、コレがあればなんとかなる系(笑)。

ど定番のエラストマーワームの金字塔「野良ネズミ」

その恐ろしいまでの実釣性能を誇る野良ネズミができないアクション、ジャーキーポッパーに求めた役割はそこ。

具体的には「スプラッシュ」と「不規則なアクション」。

スプラッシュと不規則な〝飛び〟

ジャ-キーポッパーの先端はカップ状になっていて、浮かせて使用すればスプラッシュを飛ばします。

これは野良ネズミにはない点で、シンプルにアピール力が非常に強い。

もう1点が、水面を飛び跳ねるかのような不規則な動き。やや斜めにカットされたカップ面は、ツルッとしたボディもあってアクションさせると左右によく飛び、水面付近で小魚がパニックを起こしたようなアクションを演出可能。

ポッパー的要素もありつつ、無駄なパーツのないボディで連続ジャーク&ダートまでこなせ、バスのスイッチを半ば強制的に入れるようなアクションを出せます。

野良ネズミは、キレッキレの首振りアクションが特徴ですが、特にクリアウォーターだと見切られる場合も時として出てくると大津さん。

野良ネズミがイイ、悪いではなく、野良ネズミで出ないタイミングでもぜひ投入したいジャーキーポッパー。言い換えればジャーキーポッパーで出なければ野良ネズミ…も成り立つでしょう。

とにかく、ティムコのエラストマーソフトルアーに新星現る!というところ。

■推奨タックル
ロッド:6’0″~7’0″程度のL~Mアクションのロッド
ライン:8~14lb.のモノフィラメントライン・1~3号程度のPEライン

価格:840円(税別) 3匹入り
※Feco対応

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。