ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【生態を利用したアプローチが大切】状況に応じてハードとソフトをローテーション!エゾメバル(ガヤ)を狙った「陸っぱりメバリング攻略テク」

寄稿:石澤 卓
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
メバリング特集

ルアーニュースRをご覧の皆様こんにちは。O.S.Pフィールドスタッフの石澤卓と申します。

石澤 卓(Taku Ishizawa) プロフィール

北海道の噴火湾に面したエリアを中心に、ロックフィッシュゲームを極める実力派アングラー。スピナーベイトやチャターベイト、ミノーなど、バス用ルアーなども器用に使いこなしながら、日々BIGなロックフィッシュ追い求めて活動中。

 

普段私は北海道の噴火湾エリア周辺をメインに、あらゆるSWルアーフィッシングを楽しんでいるのですが、そんな中でも今が旬であり、丁度狙って楽しめるターゲットと言えばメバル。ナイトゲームやデイゲームで手軽に狙って楽しむことができます。ただ、本州で一般的に知られているメバルとは違い、こちらの地域では地方名でガヤと呼ばれるエゾメバルがメインターゲットになります。

 

特に冬から春にかけては数とサイズ共に期待できる季節で、ワームやプラグなどを使って色んなシチュエーションで手軽に満喫することができますので、今回は陸っぱりエゾメバル攻略法について、お伝えさせていただこうと思います!

 

エゾメバル(ガヤ)について

さて! 本題に移る前に、まずは少しエゾメバル(ガヤ)についてお伝えします。普段釣りを楽しんでいる噴火湾に面した港では、北海道のロックフィッシュゲームで代表的なアイナメ、ソイ、カジカが数多く生息しており、大型の個体が良く釣れる実績場でもあります。

 

エゾメバルのアベレージサイズも大体20cm前後であり、30cmを超えたら大型といっても良いくらい。夜行性でナイトゲームがメインにはなりますが、各港では数多く回遊していて、日中でも良く釣れます。

付き場や効果的なメソッドに関してはソイにも似ており、名前にもなっているガヤというのは「ガヤガヤ」沢山いたことからそういった名前に。沢山いる地域は栄養が豊富で、ロックフィッシュ以外にも様々な魚種が比較的良く釣れる印象です。

 

状況に応じてハードとソフトをローテーション!O.S.Pアイテムが激効き

さて! ここからは本題に移り、そういったエゾメバルをどのように攻略していくのかについて解説していきます。普段は小型のワームとプラグを状況にあてはめながら使い分けているのですが、具体的なアイテム名を紹介すると、ワームに関しては「HPシャッドテールSW」(3.1in)を使い、上ずっている魚に対してはプラグの「アイウェーバー74 SW F」であったり、「アイウェーバー74 SSS」などを使い分けています。

 

HPシャッドテールSW

Length Color Count Price
2in、2.5in、3.1in、3.6in 5 12(2in)、10(2.5in)、8(3.1in)、7(3.6in) 858円(税込)

O.S.P公式「HPシャッドテールSW」詳細ページはこちら

 

「アイウェーバー74 SW F」&「アイウェーバー74 SSS」

name Length Weight Type Color Hook Price
アイウェーバー74 SW F 74.0mm 4.3g Floating 10 ST41 #10 1,980円(税込)
アイウェーバー74 SSS 74.0mm 4.5g Super Slow Sinking 38 #10 1,980円(税込)※替えの特殊繊維ヘアー2本つき
※アバロン使用カラーのみ 2,310円(税込)

O.S.P公式「アイウェーバー74 SW F/アイウェーバー74 SSS」詳細ページ

 

HPシャッドテールSWを使う理由について

まず、ワームについての解説ですが、そもそも何故「HPシャッドテールSW」(3.1in)を使用するのか? それは、High PerformanceとHigh Pitchという名前の通り、コンパクト形状でありながらも、スローリトリーブからファストリトリーブまで幅広い速度に対応。そして、発生させる波動もカナリパワフルだからです。

 

ジグヘッドリグで動きをチェックしてみると、タダ巻きではヘッドを揺らすかのように力強いウォブリングアクションを発生。つまり、近場の魚に対してはモチロン、遠くに潜んでいるエゾメバルに対してもアピールしてくれるので、パイロットとしてもカナリ活躍してくれます。さらに! ネコリグでもカナリ効果的で、シェイキングやリフト&フォールなどで誘うと、ロッドアクションの強弱によってテールが力強く震えて水をシッカリ押し、フリーフォールでもテールが回転してくれるので本当に良く釣れてくれます。コレが愛用している理由になります。

 

オススメカラーについて

また「HPシャッドテールSW」(3.1in)を使用するにあたって、カラーセレクトもカナリ重要になります。私が普段使っているカラーであれば、ナイトゲームでは定番のグロー系「パールグロウ(夜光)W017」と「ピンクバックグロウ(夜光)TW110」を使用。アピール力があって視認性があるため、カナリ釣れやすくて使いやすいカラーになります。

 

逆に濁り気味なスポットであったり、エゾメバルがボトムに潜んでいる状況であれば、光に当たると透き通ってラメが適度にアピールしてくれる「アカキンTW170」や「グリーンイワシTW172」のカラーローテーションがオススメ。特に「アカキンTW170」に関しては、尺オーバー率が最も高く、コンディションの良い個体が良く釣れる印象です。

 

アイウェーバーを使う理由について

続いてはプラグの「アイウェーバー」を使う理由について。

 

基本的に沈めるか沈めないか、もしくはメバルの上ずり加減で「アイウェーバー74 SW F」と「アイウェーバー74 SSS」を使い分けていますが、何故コレじゃないとダメなのか? その理由は「弱った小魚をリアルに演出し、特長的な横向き姿勢のi字アクション」を演出してくれるから。

 

この動きとルアーの姿勢がカナリ効果的で、リトリーブは極力スローがベスト! フローティング仕様の「アイウェーバー74 SW F」は表層で引き波を発生させながら泳いでくれて「アイウェーバー74 SSS」は、スーパースローシンキングに設定されているため、とにかくレンジキープがやり易い! 波などによって起こる、ルアー全体の上下動をジョイント部に極力吸収させ、どちらのモデルもナチュラルな動きを持続してくれるんですよね。

不自然な動きが極力排除されていて、動かさないためのジョイント構造。ヘアーは特殊な化学繊維で水に付けると、まるで小魚のヒレのごとく揺らめきます。水深30〜50cmを中心に、水面直下から1mまでの浅いレンジを漂わせながら、デッドスローに引いてくるだけで、メバルが浮いてきて突き上げるかのようにバイトしてくれます。

 

オススメカラーについて

では、カラーについてですが、こちらを使用する際は大体条件が同じになってくることが多いので、各モデル1つずつのカラーセレクトになります。具体的なカラー名として「アイウェーバー74 SW F」の使用カラーは「アイスシャッド H09」で、「アイウェーバー74 SSS」の使用カラーは「HFワカサギ HF76」になります。

 

どちらのカラーも使う理由は共通していて、常夜灯周辺で狙う際にキラキラと反射させやすいから。リアクション効果がカナリ高くなるので、非常に高反応を示してくれます。また、個人的にもベイトフィッシュに近いリアル系カラーが好みといったことで、上記の2種類のカラーを使用しています。

 

生態を知り、狙う場所を把握する

各ルアーの特長をお分かりいただけた段階で、それらを用いたエゾメバル攻略法をこれから紹介していきます。

エゾメバルは一般的なメバルとは習性がカナリ異なるので攻略するには、まずはどういった魚なのかを把握する必要があります。基本的に、エゾメバルは遊泳力がそれほど強くなく、ナギの日は表層に浮いていることも珍しくありませんが、一方で波の高い日は深い層を好むような魚。

この生態を上手く活かしたアプローチが1匹でも多く釣るキーポイントになり、ナギの日は「HPシャッドテールSW」(3.1in)を駆使したネコリグと、アイウェーバーを使ったi字アクションのサイトフィッシングがメインになります。

 

逆に波の高い日はジグヘッドリグ、テキサスリグで深場を狙います。狙い目は常夜灯周辺が最も期待できますが、沈み根や捨て石、消波ブロック、船道、係留船の周辺にも付いていることが多いので、そういった場所にもアプローチしていただきたいです。

 

大型の個体は常夜灯周辺で誘う

では、最後に大型を狙い撃つ必勝法も紹介したいと思います!

狙い目は常夜灯周辺。サイトフィッシングのアプローチがメインになります。大型の個体は明暗部の境目に潜り、ベイトを捕食していることが多いので、そんなシチュエーションでは「HPシャッドテールSW」(3.1in)のネコリグを使った、リアクションパターンで口を使わせることが最も有効な釣り方になります。リグに関しては1.8g前後のネコリグを使ったスローリトリーブ、リフト&フォール。エゾメバルにシルエットと波動でアピールさせてから、フリーフォールでバイトさせるイメージ。

 

また、「アイウェーバー74 SW F」と「アイウェーバー74 SSS」で狙う場合は、スローリトリーブでゆっくり漂わせてからの放置アクション。水面に浮かせることもあれば、ジワーッとフロントボディを若干下げながら自然にフォールさせる動きで誘います。そうすることによって、動きが鈍く無防備な小魚を演出することができ、常夜灯周辺の明暗部からエゾメバルが飛び出してくることも多々あり!

 

波の高い状況は?

波の高い日であれば、「HPシャッドテールSW」(3.1in)のジグヘッドリグ&テキサスリグで深場を狙います。どちらかというとフォール中というよりは、ボトム着底後の巻き始めたタイミングでバイトしてくることが多いように感じます。

また、コツコツとバイトしてくるが、中々食わせきれない時もあるので、そんな時は2.5inなどにサイズダウンさせると一発でバイトしてきます。

2.5inと3.1inの使い分けを、その日の状況に合わせて試してもらいたいと思います。ぜひ北海道のアングラーをはじめ、こちらに来られる予定のある方は、メバリングでエゾメバル(ガヤ)を攻略してみてはいかがでしょうか?

 

タックルデータ

ロッド:ブラックレーベル+(701HRS)【ダイワ】

リール:セルテートLT3000-CXH【ダイワ】

ライン:エックスブレイド アップグレードX8(0.6号)【XBRAID(エックスブレイド)】

リーダー:パワーゲーム®ルアーリーダー(8Lb)【東レ・モノフィラメント】

フック:セオライズ ハンガー FC(#6)【がまかつ/ラグゼ 】

シンカー:ネイルシンカー(1.8g)

ワーム:HPシャッドテールSW(3.1in)

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。