ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スラックマスター86EX】重見典宏の名竿・スラックマスター86の極限エディションが2022年3月登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

エギングの帝王として知られる重見典宏さんの代名詞といえるテク「スラックジャーク」を快適に行えるロッドとしてロングラン人気を誇っているのが「スラックマスター86

重見典宏(Norihiro Shigemi) プロフィール

エギンガーなら知らない人はいないエギング界の帝王。スラックジャークなどのテクニックを世に広め、自身の豊富な経験を元に、人気エギである「エギ番長」シリーズなどを続々と発表。エギングのみならず、磯からジギング、淡水、ソルトなどなど、楽しい釣りはなんでもこなすマルチオールラウンドアングラーでもある。 福岡生まれの鹿児島育ち、小学5年生のころに大阪へ。昭和33年4月26日生。

そんなスラックマスター86の最新・極限バージョンが登場!

 

インペリアル NIMS-86L-EX スラックマスター86EX(エクストリーム)

2022年3月登場

名竿「スラックマスター86」の正統後継機としてこの春、登場するのが「スラックマスター86EX」。
今回のモデル名の末尾にEXエクストリーム=極限という文字が入っている通り、「軽さ」と「強さ」を極限まで高めたモデルになっています!

ほぼ変える必要がないといえる基本コンセプト自体はそのままに、ブランクスは一新!
2つの高強度高弾性カーボン素材・【世界最高強度高弾性・トレカ®T1100G】【最新超高弾性高強度・トレカ®M40X】が採用され、「軽さ」「強さ」がアップ!  それにともない感度、操作性が格段に上がっています!

全長 継数 パワー ルアー範囲 ライン範囲 価格
2.59m  ライト  2.5~4号  PE0.5~1.2号  72,000円(税別)

 

スラックマスター86EXの特長をピックアップ

ブランクスを最新カーボン素材で極限チューン

●ティップ~センターのメイン素材として「トレカ®T1100G」33トン(ナノアロイ®技術適用)を採用。
●バット~センターのメイン素材として「トレカ®T1100G」33トン(ナノアロイ®技術適用)+「トレカ®M40X」40トン(ナノアロイ®技術適用)をダブル採用。
●バットにクワトロウーブンクロス補強採用。

 

ガイドは既存86Lと同様のセッティング。チタントルザイト(トップのみチタンSiC)

 

グリップは既存86Lと同様のセッティング。セパレートでリールシートVSS

 

使用感は?

ブランクスが軽量化されているので、キャスト、構え、しゃくり……一連の動作が超軽快に! また長時間使用しても疲労感が軽減!
またベリーからバットにかけての反発力・粘り強さが増しているので、軽くキャストしても遠投でき、また、流れの中やディープでエギをシャクった時もハイレスポンスなしゃくり心地を実現!

※2021年秋にリリースされたフェザージャーク86と比べると自重は少し重いですがパワーはコチラが上です。「ファイト時の強さ」や「より幅広いエギサイズに1本で対応できる汎用性」が求めれれるシチュエーションにはスラックマスター86EXがマッチします。一方、繊細さや軽快感はフェザージャーク86のほうが上ですので「感度」や「ラクさ」が求められるシチュエーションにはソチラがおすすめです。

重見典宏が超軽快なインペリアル新機種・フェザージャーク77&86徹底解説

以上、スラックマスター86の究極バージョン「スラックマスター86EX」についてご紹介しました!
いやぁー使ってみたいです!