ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【3m以上潜るナナハン】生まれたときから傑作候補。メガバスX-NANAHANシリーズに待望の「+2」が登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

佐藤信治の理想と、ルアーデザイナー伊東由樹のエンジニアリングが融合。

2021年に登場し「生まれた時から傑作候補」として大きな話題となったメガバスのミノー「X-NANAHAN(ナナハン)」シリーズ。

クラス最高水準の飛距離。そして、巻きでもジャーク・トゥイッチでも使える超々実戦的ミノーとして、登場以来全国から釣果報告が続々。

そのナナハンが、さらにもう1レンジ深く潜るとしたら。

 

X-NANAHAN+2

2022年3月下旬頃登場予定

Length:75mm Weight:1/4oz. Type:Slow Floating Hook : #8 x 2pcs メーカー希望小売価格:1,600 円 (税別)

メガバス公式「X-NANAHAN+2」詳細ページはこちら

 

75mmのボディで3mオーバーのレンジに到達

基本的な性能はそのままに、より深いレンジを攻略できる「X-NANAHAN+2」。

「X-NANAHAN」「X-NANAHAN+1」の実績を見れば、もはや、あれこれ言わずとも「3m以上潜るナナハン」と言えば、魅力は十分伝わる気もしますが改めて…。

飛距離

飛距離を出すには内部容積を確保する必要がある。単純に言えば、容積が大きいとその分ウエイトを乗せられる。つまり飛ぶ。

そこで、高体積のスクエアブロックからカービングし、高体積とタイトシルエットを両立させたボディに。また、空気抵抗を徹底的に低減化することで70mmクラスのミノーでは最高レベルの飛距離。

写真は「X-NANAHAN」プロトモデル

 

ハイピッチロールアクション

ストレートリトリーブではハイピッチロールアクションを披露。タダ巻きだけでバイトを誘発する圧倒的なチェイシングフォーカスを発揮。

 

ダート&フラッシング

ジャーキングによる左右へのキレのあるダートとフラッシングがターゲットの捕食スイッチを猛烈に刺激。

 

カラーラインナップ

リアルで生命感のあるカラーラインナップも必見。「FA KISYU AYU」「FA GHOST WAKASAGI」はファインアートフィニッシュ、つまり職人の手作業によるスペシャルペインティングとなっています。

WAGIN OIKAWA

WAGIN ITO AYU

LZ SATOSHIN CHIAYU

GG BABY PERCH

GG MEGABASS KINKURO

KASUMI ITO

MG VEGETBLE

GP CRYSTAL SHAD

GP SPARKLE VIPER

JP SCALPIN

MAT CHART LIME

MAT TIGER

FA KISYU AYU

FA GHOST WAKASAGI

 

登場は2022年3月下旬頃の予定で、ちょうど三寒四温、スポーンを意識するタイミング。1つ下のレンジで使ってみたいです。

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。