ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【最先端タイラバロッド】「タイゲームTZ」がモデルチェンジで意図したコト

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

巻くだけ簡単でおなじみのオフショアルアーゲーム「タイラバ」。

〝巻くだけ簡単〟の基本路線はありながら、全国各地で愛されるようになったこの釣りは、今では「乗せ」や「掛け」といったスタイルの違いや、ベイトはもちろんスピニングタイラバも確立してくるなど、釣りとしての奥行きが随分広がった印象を受けます。

テイルウォークが早くから取り入れてきたフルソリッド

出典:テイルウォーク公式「TaiGame TZ (’22 MODEL)」詳細ページ

そんなタイラバロッドに、いち早くフルソリッドブランクを取り入れてきたのがテイルウォーク。

高性能スタンダードクラスの「タイゲームSSD」、そしてフラッグシップの「タイゲームTZ」…、フルソリッドが持つ利点に着目しながら、進化を続けてきたテイルウォーク。

そして、そのフラッグシップ「タイゲームTZ」が2022年にリニューアルとなります。

となると、気になるのはフラッグシップをさらに超えてきたポイントはどこか。このあたりを解説していきます。

ワン&ハーフとなった

22’タイゲームTZのさらに突き詰めた部分をご紹介する前に、まずは基本情報を。

ネームの「TZ」が指すのはトルザイトで、肉薄トルザイトリング・軽量チタンフレームをガイドに採用しています。

22’タイゲームTZは前モデル同様に全機種フルソリッドブランクスを用いています。

ここまでだと大きくは変わらないように感じますが、これまでのバットジョイントから22年モデルはワン&ハーフとなっています。

ココが重要なポイントとなっているのです。

ワン&ハーフ、そのメリットは

端的にいうと、これまでのタイゲームTZと比較して、ワン&ハーフにすることで負荷を受け止める部分が前となり、そしてそのパワーも増したことが挙げられます。

バットセクションのカーボンチューブラーがあることで、これまで以上に大型マダイをも受け止めやすいパワーを持つことになったのです。

その先にあるカーボンフルソリッド部分はこれまで通りの追従性や感度を見せ、バイトを弾かずに食わせられる。

要するに、フルソリッド部分で弾かず食わせて負荷にナチュラルに追従し、バットセクションにて確実に止められるパワーをも持つロッドとなったのです。

激タフゆえにフィネスに攻めたい、けれど掛かってくるマダイはデカいなんて時にはドンピシャになるのでは?

さらにはバットセクションに負荷を受け止める役割を持たせたことで、ソリッド部はより細くすることが可能になり、ボトムタッチ感や潮流の変化などをさらに繊細に表現することにもつながったそうです。

なんだか職人たちの分業制みたい(笑)。

もちろん、そうした部分のほかにも仕舞寸がコンパクトになるので携行性の面でもアップしますよね。

 

ガイド&リールシート

そうしたブランクスコンセプトを活かすガイドやリールシートなどにも抜かりなし。

ベイトモデルのバットガイドはLRV(ライトリバース)系のダブルフットであるT2-LRVTG。ネジレに強く、絡みも少ない軽量モデル。シックなダークグレーのT2カラーも所有感をくすぐる

ガイドは前述の通り、fujiトルザイトリングガイドを搭載。

ベイトモデルは全機種スパイラルセッティング。ラインのブランクタッチを軽減し、ガイド数を減らすことも可能となりロッド全体として軽量化が可能になります。

スピニングはバットガイドにT2-KLTGのH10。糸絡みを激減させるハイフレームタイプ

リールシートはベイトにPULS、スピニングには IPSを採用。

また、グリップエンドにかけてはメタルパーツが配され、前モデルとはまた違ったレーシングデザインに。

 

ベイト3機種・スピニング1機種

機種はベイト3機種・スピニング1機種の全4機種。

ベイトモデル
モデル 全長(ft.in) 継数 仕舞寸 (cm) 自重 (g) ルアーウエイト (g) 適合ライン(PE) ドラグ
(kg)
本体希望価格(税抜き)
C71XUL/FSL 7.1 1&Half 148 128 max 120 max 0.8号 max 1.0 46,000円
C65UL/FSL 6.5 1&Half 128 120 max 120 max 0.8号 max 1.2 45,000円
C70UL/FSL 7.0 1&Half 146 130 max 150 max 1.0号 max 1.2 46,000円

王道といえるベイトモデルは3機種。

C71XUL/FSLは、7.1フィートでXUL。つまりシリーズ最も長くてしなやか。とにかくタフなフィールドであったり、どシャローで突然バイトが出た時にも、そのレングスを活かしてブランクス性能を発揮してくれる機種。

C65UL/FSLは、それとは逆というか。短い分グ~ッと入ってからの掛けどころ(乗せどころ)が早い。軽さも相まって、着底後の即バイトにある程度こちら側から掛けていきやすいモデル。

C70UL/FSLはザ・バーサタイル。どんな状況にも高次元でオールマイティに活躍する機種といえる。この機種のみトップガイドが径 #5.5サイズとなっており(ほかのベイト2機種は#5)、フィールドによってはクラゲやデミ潮でガイドが目詰まりを起こす現象を軽減。このあたりもバーサタイル性を考慮した設計。

スピニングモデル
モデル 全長(ft.in) 継数 仕舞寸 (cm) 自重 (g) ルアーウエイト (g) 適合ライン(PE) ドラグ(kg) 本体希望価格(税抜き)
S66ML/FSL 6.6 1&Half 120 118 max 200 max 1.0号 max 1.5 44,000円

キャスティングタイラバを可能にするのがS66ML/FSL。

投げて斜めに引いてくるというのは、特に潮が動かない時などに有効となる。ウレしいのは重めのタイラバも投げられる設計となっている点。ディープや速潮など。どうしてもヘビーウエイトのタイラバをキャストして探りたい時にも対応するパワースピンモデル。

2022年5月発売予定
テイルウォーク公式タイゲームTZ(’22モデル)詳細はこちら

 

必要な機種がそろったな、という印象で、シーズン・エリアを問わず進化したタイゲームTZの性能を感じられるのではないでしょうか。

そうこうしているうちに、季節は春へ。大ダイ率も高い絶好機が訪れます。その相棒として、チェックしてみてはいかがでしょうか。

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。