ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オプションパーツとして活用】ランガンシステムBOXやバケットマウスに装着!明邦化学工業「FグリップBM」がSWライトゲームで大活躍

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ルアーゲームに役立つ様々な便利アイテムを生み出している「明邦化学工業」。

ランガンシステムボックスやバケットマウスをはじめとしたタックルボックスに、それに対応したオプションパーツ、そしてルアーケースなど…。色々なアイテムが充実していますが、シーズン真っ最中のメバリングで持っていると役立つオススメアイテムを今回は紹介!

 

FグリップBM【明邦化学工業】

今回紹介するアイテムは「FグリップBM」。

今が旬のメバル、そしてアジ、小型の根魚にタチウオといった中型魚種までシッカリ掴むことができるフィッシュグリップ。ただ、コチラに関しては単なるフィッシュグリップではなく、色々便利な機能が充実! 具体的な特長をこれから紹介したいと思います。

サイズ 素材 備考 税込価格
233×36×57mm グリップ本体:ガラス繊維強化プラスティック
ホルダー・ベルトフック:POM樹脂
HG ¥3,740

明邦化学工業公式「FグリップBM」詳細ページはこちら

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

オプションパーツとして使える

普段から記者自身、愛用しているアイテムである「FグリップBM」。

使用している理由は、フィッシュグリップとしての機能をシッカリ果たしながら、ランガンシステムボックスやバケットマウスにオプションパーツとして装着することができるから。普段「VS-7070N」を使用してSWライトゲームを楽しんでいるので、常に自分の横にタックルボックスがある状態。つまり、「FグリップBM」を装着しておくことで、魚が釣れればスムーズに掴めるという訳です。

 

多目的ホルダーとマルチホルダーに装着可能!

装着場所は他のオプションパーツと同様で、ランガンシステムボックスやバケットマウスの多目的ホルダー。そして、オプションパーツを装着するためのパーツとして広く知られている、「マルチホルダー BM-25」と「マルチホルダー BM-30」が中心になります。

多目的ホルダーへ装着

 

マルチホルダー BM-30へ装着

 

ライフジャケットやベルトにも装着可能!

さらに! ランガンシステムボックスやバケットマウスをお持ちでない方でも使うことができるのも魅力で、記者もショルダーバッグで軽くランガンすることもあるんですが、その時はライフジャケットやベルトに装着するなんてこともありますよ!

それらに装着しても魚をスムーズに掴めることができ、しゃがみこんでリグをセットしたりする時も以下のように、ホルダーが可動してくれるので本体が邪魔になることもありません。

 

グリップ力もバツグン! やっぱあると便利

先日も、メバリングへ行ってきましたが、その際も「FグリップBM」が大活躍!

常に「VS-7070N」へ装着している「マルチホルダー BM-30」にスタンバイしているので、釣れてからフックを取り外してリリースするまでがメチャ快適!

 

というように、ただ単に魚を掴むだけでなく2WAY? いや、使い方次第で色々な方法を試すことができる「FグリップBM」。使ってみると予想していたより便利だなって思う場面が色々あると思いますので、ぜひ気になっている方が居れば使ってみてくださいね!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!