ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

テイルウォーク2022年新製品・新作ロッド全紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ソルトウォーターからフレッシュウォーターまで、ロッド・リール・アパレルに小物と幅広くアイテムを展開するテイルウォーク。

そんなテイルウォークの2022年春の新製品、どんなブツが飛び出すのか!?気になりますよね。

行ってきましたよ~! ということで、ここでは2022年春モデルのNEWロッドを一挙公開!

また日を改めて、ひとつひとつのアイテムも掘り下げていくのでお楽しみに!

 

フルレンジ(’22モデル)

テイルウォークのバスロッド「フルレンジ」がリファインされる。〝不変なる総合力〟というテーマはそのままに、各モデルを「よりマルチに、よりスペシャルに」研ぎ澄ますことに着手。

22モデルとしては一挙15機種が展開される(!!)のだが、22年モデルからは「ファストムービングモデル」、「バーサタイルモデル」、「フィネスモデル」と、より分かりやすいラインナップになる。

例えばバーサタイルモデルなら、汎用性の高さが求められるし、ファストムービングやフィネスならスペシャリティが求められる。それをふまえ、ブランクス素材をさらにブラッシュアップ。

ベイト、スピニングともにステンレスフレーム・SiCリングガイド

もうひとつ着目すべきが「Z-シェイプリールシート」の存在。

なんとテイルウォークの完全オリジナルリールシート。ベイト(BC)、スピニング(SP)ともに新たなオリジナルリールシートを搭載し、どんな握りでもフィット感が得られる形状となっている。

スクエア型のロゴは光の加減で表情を変え、所有欲を満たすワンポイント。フルレンジだけでなく、今後続々とNEWロッドに搭載されていくという

Z-シェイプリールシート Type-BC

Z-シェイプリールシート Type-SP

2022年4月発売予定
全15機種(ベイト10機種・スピニング5機種)
価格:21,000~25,000円(税別)

フルレンジ詳細ページはこちら

 

クリムゾン

完全なる新作となるボーダーレス&バーサタイルロッドが「クリムゾン」

このロッドで〝さまざまなフィールドで、さまざまな魚種と遊べ〟系。

全6機種のスピニングロッドとなり、港湾部から小~大規模河川、サーフに磯、湖…ソルトからフレッシュまで各機種の守備範囲が非常に幅広いのが特徴。

全機種スピニングロッドながら、想定される釣りを考慮し、ガイド(SiC)はある機種はシングル、また別の機種はダブルフットだったりと個性がある

レングスや対応ウエイト・ラインなどがさまざまなことに加え、F=ファストテーパーとR=レギュラーテーパーが3機種ずつに分かれ、自身が使用するリグやその釣り方などに合わせてセレクトすればよし!

F=ファストテーパーのひとつ83M-F。MAX35gのルアーウエイト

R=レギュラーテーパーのひとつ98M-R。MAX42gまでに対応する

いずれもセンターカット2ピースで、8フィート台から9フィート台が揃う(8’0″~9’8″、ルアーウエイトMAX28~50g)。

2022年4月発売予定
全6機種(スピニング6機種)
価格:23,000~28,000円(税別)

クリムゾン詳細ページはこちら

 

ライズシューターSSD

テイルウォークの人気カテゴリー「SSD」からウレしスギるショアジング&プラッキングロッドの完全新作「ライズシューターSSD」が登場。

メタルジグ、ダイペンにポッパー。シンキングミノーにペンシル…。全7機種がそれぞれにジグからプラグまでを扱えるショアゲームお任せな個性派!

ガイドはステンレスフレームSiC

SSDの特徴といえば、基本性能は高く扱いやすいという点。ショアジギング・プラッキングはキャストのしやすさと操作性が求められるが、キャスト性能を考えるとどうしても長くなりがち(ライズシューターSSD7機種は9’6″~10’0″)。

先重りしやすくなるが、アルミパーツをあえてややリア寄りに取るなど、バランスを調整するなど工夫もみられる。

もうひとつ、利便性という意味で人気が出そうなのが「P3」の2機種(S100M-P3とS100MH-P3)。つまりは10フィート(MとMH)の3ピースで仕舞寸法は108cm。10フィートという長さと携行性とを併せ持つ2機種にも注目です。

2022年4月発売予定
全7機種(スピニング7機種)
価格:23,000~27,000円(税別)

ライズシューターSSD詳細ページはこちら

 

タイゲームTZ(’22モデル)

タイラバやタイジギングなどを突き詰めた、テイルウォークのフラッグシップ「タイゲームTZ」が2022年リファインされる。

ご存知の通り、TZはトルザイトを意味し、チタンフレーム・トルザイトリングガイドを有するロッド。

22モデルはベイト3機種、スピニング1機種の計4機種が発売予定となっているが、そのすべてがフルソリッドブランクス。

もともと早くからフルソリッドとタイラバにおけるマッチングのよさに注目し、製品化してきたテイルウォーク。

個人的に、「頭いいなぁ」と思ったのが、これまでのバットジョイントから1&ハーフにしたこと。

22モデルのタイゲームTZは全機種ワン&ハーフとなっている

タイゲームTZが脈々と受け継いできた、フルソリッドによる究極の追従性はそのままに、バット部で「掛けて止められる」要素もプラス(穂先からジョイントまではフルソリッド、ジョイントから以下はやや張りを持たせたチューブラーとなっている)。

食わせ性能はもちろん、大ダイ相手でも溜められるパワー、そして時には掛けにいく必要性もあるタイラバにマッチしていると感じました。

もちろん、単純に持ち運びも便利というのも大きなポイント!

ベイト3機種、スピニング1機種ともにスリムで感度に優れたリールシート

また、より感度を広く深く伝えるためのメタルパーツを配したグリップエンドなど、フラッグシップがさらなる進化を遂げた印象。タイラバ、タイジギングをリードするロッドとなりそう!

2022年5月発売予定
全4機種(ベイト3機種・スピニング1機種)
価格:44,000~46,000円(税別)

タイゲームTZ詳細ページはこちら

 

トラウティア・フェリーク

個人的にも、気に入ってしまったのがコチラ。

テイルウォークの「トラウティア」シリーズの新たな流れ、それが「トラウティア・フェリーク」

ネイティブ用のトラウトロッドで、正直見た目に惚れてしまいました(笑)。

ベイト7機種、スピニング6機種の一大ラインナップで、ピンスポットへ投げ、繊細に操作するネイティブフィッシングの醍醐味を楽しませてくれるアイテム。

実際、見た目の質感にもコダわったそうで、例えばリールシートのウッドマテリアルなどを含めワンランク上の上質なものを採用したんだとか。

ガイドはステンレスフレームSiCガイドリング

そしてもうひとつ、選択肢の多さ。2ピースモデル、マルチピースモデル、テレスコピック(振出)モデルと3タイプを展開。

上から2ピースモデル、マルチピースモデル、テレスコピックモデル

マルチピースモデルのひとつ、ベイトモデルのC49L/G-P4。P4というのが4ピースを表す

実際にルアーを投げたワケではないのですが、ロッドを振らせてもらうと、非常に軽快。いやはや、テレスコを舐めていました…。

マルチやテレスコといったコンパクトロッドはテイルウォークのお家芸のひとつ。繊細なネイティブトラウトでもその持ち味は存分に発揮されているといえるでしょう。

2022年2月発売予定
全13機種(ベイト7機種、スピニング6機種)
価格:19,000~23,000円(税別)

トラウティアフェリーク詳細ページはこちら

 

メタルゾンSSD

テイルウォーク・イカメタルロッドのフラッグシップ「メタルゾンTZ」の流れを組んだスタンダードモデルとして「メタルゾンSSD」が登場。

細身で高感度のブランクスはもちろん、昨今のテクニカルなイカメタルゲームを考慮し、ガイドスペックなども再考。

中でも大きく変わったのはリールシート。テイルウォークオリジナルの「Z-シェイプリールシート」を搭載し、SSDらしい価格設定ながらフラッグシップに迫るクオリティに。

また、近年の「オモリグ」ゲームに対応する機種も広くラインナップされているのもウレしいところ。

2022年3月発売予定
全7機種(ベイト4機種、スピニング3機種)
価格:22,000~24,000円(税別)

メタルゾンSSD詳細ページはこちら

 

スプリントスティックSSD

オフショアキャスティングロッド「スプリントスティックSSD」に2機種が追加。追加されるのは80XHと80XXH。

つまり、これまでのラインナップの中でもよりビッグゲームに特化したロッドの追加となります。

大型ダイビングペンシルやポッパーなどの操作性と、掛けた時のトルクを融合。また大口径ガイドを搭載することで、使用が想定される太糸でのライントラブルを減少させます。

とにかくモンスター級を……というアングラーにはオススメ!

■80XH
全長:8フィート
自重:376g
ルアーウエイト:MAX120g
ドラグ:MAX15kg
価格:29,000円(税別)

■80XXH
全長:8フィート
自重:415g
ルアーウエイトMAX140g
ドラグMAX17kg
価格:30,000円(税別)

いずれも2022年4月発売予定

スプリントスティックSSD詳細ページはこちら

 

ティップバンTZ

ティップランロッドのフラッグシップ「ティップバンTZ」に追加されるのは、SH71UL/SL。

個性派のロングソリッドモデル。

ハイプレッシャーなフィールドで、わずかなイカからのアタリを取るために超繊細なソリッド部を長くすることで曲がりしろを生み、手感度のみならず目感度でもアドバンテージを取る設計。

また7ftを超えるレングスを活かしてエギの姿勢を安定させる性能にも長ける。

ブランクス、ティップ、リールシートなど、細部に至るまで感度にこだわったレーシングチューンに、長~いソリッドティップという個性が仲間入り。間違いなくシビアな時ほど投入したい機種となりそう!

■SH71UL/SL
全長:7.1フィート(仕舞111cm)
自重:95g
ルアーウエイトMAX45g
ラインMAX PE 0.6号
価格:38,000円(税別)

2022年5月発売予定

ティップバンTZ詳細ページはこちら

 

LIVE配信もお見逃しなく

ということで、2022年のテイルウォークNEWロッド&追加機種をドドーンと紹介しました!

もちろんロッド以外にも新しいアイテムがあるので、そちらはまた紹介します。

また、これらの新製品がテイルウォークの公式Youtubeチャンネルで生配信!

ドランクドラゴンの鈴木拓さんや、井上直美さんをゲストに迎え、豪華プレゼントも多数とか!

LIVE配信は1月23日(日)の19時から。お見逃しなく!

■2022NEW PRODUCT LIVE
テイルウォーク公式Youtubeチャンネルにて
・2022年1月23日(日)の19時~21時予定

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。