ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エサはナニつける?ヤマシタ「エギーノもぐもぐサーチ」エサのあれこれ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

行ってますか? 冬のツツイカゲーム。

特に九州エリアではこれからが旬!盛り上がっていきたいところ。

ツツイカといえば、小型のエギを使ったライトエギングやエサのウキ釣りが定番。なんですが、最近「エギーノもぐもぐサーチ」も人気となっているようで。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YAMASHITA Maria(@yamashita__maria)がシェアした投稿

 

キビナゴだけじゃない!

ヤマシタの「エギーノもぐもぐサーチ」といえば、エギというか仕掛けというか。エギとエサが融合したハイブリッドなアイテム。

…エギとエサ、今回はエサの話題。

公式HPにはキビナゴが最適!とありますが、もちろんエサはそれ以外にも使えるそうで。で、さらにはエサ持ち良く、セットしやすくなるひと工夫も。

まずは、こちらをどうぞ。

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

動画ではキビナゴの他に、スーパーで売ってる「鳥のササミ」を使用。手に着く魚の匂いが苦手…な方も、鳥のササミならまだ良い気がしません?

また、イロイロなエサを試してみるのもおもしろそうですよね。何コレ、めちゃめちゃ当たる…なんてエサが他にもあったりして。

 

エサ持ち良く、セットしやすくなるひと工夫

ひと工夫とは塩!そう、塩をまぶして締めておく

カワハギ釣りでエサにするアサリや、投げ釣りのエサのマムシなんかも塩で締めてエサ持ちを良くしたりしますよね。タチウオのエサ釣りでもサンマの切り身やキビナゴを塩で締めたりします。

要は塩によって水が適度に抜けて、身が固くなるんですね。だからエサ持ちが良くなり、セットもしやすくなるという。

イカに効くのか効かないのか…味の素を投入してアミノ酸をプラスする、なんて工夫も耳にしますよね

 

動画では他にも、正しいエサのセットの仕方など…ノウハウ系のネタがいろいろと。 防寒対策を万全にいざ釣行!…の前に、「ツツイカ釣りにはコレ!エギーノもぐもぐサーチ」一度チェックしてみては。

 

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。