ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エビや虫でのホバストを表現する「ホバリングバグ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

フワフワリグからホバストへと昇華し、あっという間に広く知られるアプローチとなったホバスト。

そんなホバストでぜひ投入したいワームがティムコから登場となる。

プロデュースはもちろん山岡計文プロ。

PDLホバリングバグ

新たに登場するのはPDLホバリングバグ

新世代テクニク「ホバスト」。ホバストといえば小魚系を浮かべますが、そうした漂い系のアクションは何も魚だけではなく、エビや虫をイミテートしても共通して効く要素。

ホバリングバグのシルエットは、エビっぽくもあるし虫っぽくもある複合的なシルエットに見える。

エビ、虫のホバスト!?

ちなみにピンときた方も多いと思いますが、細かな手足や触覚などの複雑な構造は、ビットバグを前身としているからだそうです(アクションや用途は似ている部分もあれば、違う方向性である部分も)。

ボディは中空ワーム素材で、いわばエビや虫としてのホバストを可能にするソフトルアーといえます。

また、この複雑なパーツにもキモが隠されていて、水を受けて動きやすいパーツと動きにくいパーツが複雑な波動を出してくれるそうです。

全体的にモジャモジャっとしているというか、フレアな感じが出るのだが、それがイイんだとか。

そして、ホバストで大事なポイントのひとつとして、移動距離を抑えることが挙げられます。

そこでブレーキを掛けるのが先端のパーツだそうで、うまくブレーキをかけながら停滞しながらも誘い続けることが可能となっています。また、このパーツはマディウォーターなどでは水を噛んで波動で気付かせる役割も果たしてくれます。

今だからこそ浮く虫

先に述べた通り、基本的にはホバストセッティングで使用するとその実釣力を体感できるのですが、もうひとつ、水面放置などで虫としての使用も可能。

もちろん、中空ボディで浮くことから、ノーシンカーでは水面漂い系の虫となります。

ここ数年、虫といえばいわゆる〝沈む虫〟系が主流となってきましたが、こちらは王道の浮く虫?

王道といっても、沈む虫が台頭しているからこそ、実は浮く虫というのは逆にレアになってきているかも。

とはいえ水中に浮く虫というのはバスが興味を示すことが多々あるのは多くの方が知るところで、時代に逆行するのか? はたまた時代を切り拓くのか、非常に楽しみです。

さらには中空ボディを活かした、ダウンショットでもバツグンの食わせ性能を発揮するなど、幅広い使い方ができるルアーとなりそう!

レングス:2インチ
価格840円(税別・7個入り)

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。