ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【エギンガー歓喜】48個のエギや鉛スッテを収納できる便利アイテムを明邦化学工業が開発中!その名も「スクイッドストッカーBM-S」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

新製品情報が飛び交う季節。

何か気になるアイテムはありましたか? ロッドやリール、ルアーなどに注目してしまいガチですがタックルボックスやルアーケースも最新モデルが気になるトコロ。

さて! つい先日、明邦化学工業に取材へ行ってきました。新製品が色々ある中で今回紹介するのは、現在開発中のエギンガーには嬉しいエギ収納ケースになります!

 

スクイッドストッカーBM-S【明邦化学工業】

2022年春頃登場予定

現在、明邦化学工業が開発中のケースがこちら! 「スクイッドストッカーBM-S」になります。陸っぱりのエギングにボートエギング、そしてイカメタルゲームなど! エギや鉛スッテを扱う釣りで重宝する収納ケースとなっています。

画像はプロトモデルです

 

実物はこんな感じ!

写真はプロトモデルです

 

最大48個のエギを収納可能

最大の特長は収納力。

最大48個のエギを収納することができ、バケットマウスやランガンシステムBOXの下段に収納することで、使いたいエギをスムーズ&スピーディーに取り出すことができます。陸っぱりエギンガーはモチロン、荷物の持ち込みが多くなりガチな、オフショアで楽しむボートエギングやイカメタルゲームでは特にあると便利そうですよね!

 

サイズ感に関しては既存でラインナップされている、「インナーストッカーBM-S」と同サイズ。つまり、BM-5000には2つ収納可能で、VS-7070に収納すると余ったスペースに他のルアーケースを収納でき、VS-7055には丁度1つ収まるサイズとなっています。

 

水抜きダクトも標準装備

さらに、もう1つウレシイ機能が!

本体の底面に水切り穴が設けらているので、エギや鉛スッテを収納した状態で丸洗いができるようになっています! ワザワザ取り出さなくてもそのまま洗えるって最高ですよね。

 

といった感じで、現在開発中の「スクイッドストッカーBM-S」を紹介しましたが如何でしたか? エギや鉛スッテを大量に収納することができて、バケットマウスやランガンシステムボックスの下段に収納できる。しかも、そのまま丸洗いできる。便利だと思いませんか?

春頃に登場するということで、早ければ春イカ攻略用に。それ以降でも秋イカ狙いの準備などに。次こちらを紹介する頃は、完成品といったトコロでしょうか。それにしても発売が待ち遠しい…。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!