ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2022年ダイワ新製品】激タフなシーバスへの切り札!オヌマン監修「モアザンヒソカ」に大注目

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

密かに爆れる、ヒソカ。

2022年3月に登場を予定し、ご存知「オヌマン」こと小沼正弥さん監修のシーバスルアーがダイワの「モアザン ヒソカ」

モアザン ヒソカ120F-SSR

出典:ダイワ公式「モアザン ヒソカ」詳細ページ

モアザンヒソカ120F-SSR。120mm、つまり12cmというど真ん中のサイズ感で、F=フローティング、SSR=スーパーシャローランナーを意味するミノー。

タイプ サイズ
(mm)
自重
(g)
色数 標準装備フック 潜行レンジ
(cm)
アクション 推奨リーダー メーカー希望
本体価格(税抜)
スロー
フローティング
120 10 10 #10トレブル
#2リング
水面直下~約30 タイトウォブンロール

テールスライド
16lb以下 1,800円


監修はシーバスといえばのこの方「小沼正弥」さん

出典:DAIWA Salt Water Fishing

極細身、激タフを制する

ヒソカの外見的な特徴で目を引くのは、非常に細身のシルエットであること。

公式webサイトには「細身・小型ベイトに偏食している時、激スレ時に最適。バチ、サヨリ、シラスはもとより、イワシや稚アユ等の小型ベイトパターンにベストマッチな極スリムシルエット。」と記されています。

上記の通りで、これらの細身のベイトを捕食するシーンというのは多くあります。そうした遊泳力がそこまでないエサを捕食する時、メチャクチャ厳しい時が多くあって。フィールドによっては年々シーバスがスレている、賢くなっているなんてこを感じることも。

弱いバイトを絡めとるスリーフック

そうした激タフコンのシーバスはバイトも弱いことが多々。まず、ヒソカは細身ながらスリーフックを採用していて、弱いバイトでも絡めとることが可能。

#10(リング#2)の3フックを採用

まず気付かせる、絶妙なテールスライド

アクションはタイトウォブンロールにテールスライドを織り交ぜ、派手過ぎず、けれど弱過ぎない絶妙なライン。

こうしたスリムミノーはアクションまで弱くなりすぎてしまうと、そもそもシーバスに気付かれない…ということが起こりがち。

タイトなウォブンロールはもちろんなのですが、このテールスライドがキモ。1~1.5cm幅でのテールのアクションがシーバスに「まず気付かせる」というトリガーになるんだとか。

また、このアクションは、風・雨など水面の波立ちや濁りといった条件下でもシーバスに気付かせてくれます。

 

飛ぶ、立ち上がりがバツグン

さて、細身のルアーということで気になるのがその飛距離。飛距離はシーバスにおいて大きなアドバンテージを生むのは周知の通りですが、適切なタックルやラインセッティングでキャストした場合、ダイワでのテストで平均48m、MAXで50mを超えているんだとか!

平均飛距離を見ても「安定して、よく飛ぶ」というのが分かります。加えて、レスポンスが非常によく、立ち上がりが速い。

磁着W重心移動システム

その秘密が「磁着W重心移動システム」にあります。

前後各ダブルで搭載された磁着重心移動システムで、抜群の飛距離と着水後のスムーズな動き出しを可能にします。

スリムミノーなのに飛ぶ。これって実はメチャクチャありがたい存在ですよね。

潜行レンジは水面直下から、塩分濃度の薄いところで30cm。表層に出切らないようなシーバス攻略に必須となる一段下を攻められる、まさに「激タフ時の切り札」といえる存在となりそう!

「アデル」含めた全10色

カラーは全10色。魚の魚皮を3D解析し、ホログラムでそれを表現した「ADEL(アデル)」ホログラムカラーもあり!

艶やか(あでやか)からアデルとなったという、生命感溢れるアデルホロ搭載カラーも多数

 

アデルエメラルド鮎

アデルサヨリ

アデルチャートヘッドゴールド

アデル不夜城

蛍ムラクリアシラス

チャートヘッドブラピン

ピンクサンドバチパール

マットバチピンク

マットライムチャートピンクベリー

ライムチャートイワシ

まだヒソカがある

「もう無理…」、そんな状況を「まだコレがある」に変えてくれるヒソカ。

〝ヒソカに使ってヒソカに爆れ!〟とはアクション動画中に流れた言葉ですが…あっという間に密かな存在ではなくなりそうな予感(笑)。

チェックはお早めに!

2022年3月発売予定
ダイワ公式「モアザン ヒソカ120F-SSR」詳細ページはこちら

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!