ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【とにかく1匹釣りたい方必見】冬バス攻略で持っておくべきリグ&ワームを加木屋守(マーモ)が紹介

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは!

初釣りには行かれましたか? 僕も先日、ようやく初バスをキャッチすることができました! コンディションの良い川バスで2022年も良きスタートをきることができて嬉しい限りです!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

初バスをどうしても釣りたい方へ! オススメワーム&リグを紹介

さて、新年もスタートし、まだまだ寒い日が続きますが、今日は初バスの大小問わずに、1匹でも釣りたい! という方にオススメなワーム&リグを紹介させていただきたいと思います。

では、早速オススメワームとリグを紹介させていただくということで、ぜひこの冬に投入してほしいワームとリグが、「ウォブリング」(2.5in)のダウンショットリグになります。

 

ウォブリング

ジャッカル公式「ウォブリング 」詳細ページはこちら

 

赤パケシリーズの「ウォブリング」、なぜこのワームが良いのかを説明すると、そもそもこのワームは冬にディープやブレイクの沈み物周りで越冬(じっとしている)しているバスを狙う際にカナリ有効なワームとなっています。

釣れる理由を解説していくと、まずはコンパクトなシルエットで冬バスでも吸い込みやすいサイズ感だということ。そしてフォールアクションで、バタバタ! とテールの動きで誘うことができてバスに気づいてもらいやすく、シンカーが着底した後はスローにフォールしてくれることが大きな食わせ要素。

 

ボトムでゆっくりなアクションで沈み物付近を誘って食わすことに長けているリグとなっています。他の2inや3inを、濁りやベイトのサイズ感に合わせて使い分ける時もありますが、基本的には2.5inがシルエットの分かりやすさとアクションの強さ的にも丁度なサイズで1番僕個人的にも出番の多いサイズです。

 

スピニングタックルとベイトフィネスタックルを使い分けてより釣果UPへ

スピニングタックルでもベイトフィネスタックルでも使用可能で、アクションと攻める場所によって使い分けて下さい。

 

ボトムの沈み物周りなどをゆっくりシェイクしながら誘う時はスピニングタックル、縦ストラクチャーやカバーが少し絡んだり、少し水深がある場所をリアクションでテンポよく狙いたい場合はベイトフィネスを使用しています。

ベイトフィネスタックルでリアクション狙いをする場合は、ワームが着底するまで待ち、軽く一回しゃくって着底。再びしゃくりあげてという誘い方であったり、少し水深のある足元や近距離のカバーを攻める場合は、一点誘いで先程と同様の動かし方で誘ったりすることもあります。

フワフワとシェイクして食うバスも居れば、リアクションで口を使うバスも居るので、それぞれ状況にあったバスを求めて、色々試してみてください! YouTube「マーモチャンネル」でも解説させていただいてますので、そちらもご覧になってみてくださいね!

 

まずは一匹!大小問わず初バス狙うならこれ。

出典:YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!