ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【川上英佑が30年前のタックルでイカを釣る?!】ヤマシタの人気コンテンツ「エギングミッション」がかなりツボ

年末年始いかがでしたか?

釣り納め・釣り始めに行ったり、このご時世、家でゴロゴロ動画でも見て…なんて方も多かったのでは。

動画といえば、もう見ました? ヤマシタの人気コンテンツ「エギングミッション」の第13段。

 

エギングミッション第13弾~岸からのアオリイカゲームが”エギング”と呼ばれ、世に登場した当時のタックルで冬のアオリイカを捕獲せよ~

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

仕事柄、実際に何度かお話しさせていただいてますが、基本は動画のまんま。クール、物静か、沈着冷静、それでいてロジカル。

そんなエギングマイスター川上さんのイメージが良い意味で裏切られるというか、かなりお茶目な一面が垣間見える貴重な映像。ハウツー系と言うよりはバラエティ色が豊かというか。おもしろいな~なんて、一気に見ちゃいました。

 

30年前のタックルでアオリイカを釣る

今回の企画は「クラシックスタイルでアオリイカを捕獲せよ」。要は30年前のタックルを使って、アオリイカを釣るという。

今でこそ、8フィート前後のロッドにPEタックル、エギをシャクリ上げてフォールで抱かせるスタイルが主流ですが、当時のそれはまったく異なり…。PEラインはまだ普及しておらずナイロンライン、ロッドも3.9mというロングロッドで、ただ巻きや大きくしゃくりあげる一段シャクりが主流。

そうそう、懐かしい~!ジョイントのエギあったよなぁ!なんてベテランアングラーも多いんじゃないでしょうか。

 

見どころ満載!

川上さんのお茶目な一面…だけじゃなく、他にも見どころは満載。

個人的には、今ではありえないようなロングロッドには「長い分飛距離が出ますよね」とか、ナイロンラインでは「リーダーを結ばなくていいですよね」とか。やっぱり釣りが上手い人って、モチベーションの上げ方がうまいよなぁと感心。

ジョイントタイプのエギのアクションなんて、今じゃなかなか見れないんじゃないか…なんて。

イージーに新子が狙える秋ならまだしも、季節は冬。果たして、クラシックスタイルのエギングで現代のアオリイカは釣れたのか…。気になる方はぜひチェック!

 

本編はこちらから

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。