ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【根魚専用ジグにアニマル柄のカスタムハンドル?】タイラバでおなじみ「START」2022年のナナメ上いくNEWアイテム

新製品総力特集2022

「START」

瀬戸内海をホームに「こんな商品があったらいいのに」という発想で、看板商品のタイラバ「2step TG」を筆頭に、攻めたアイテムを数多く輩出。コアなファンも多い人気ブランド。

2022年は仕掛けるぞ、と。何やら攻めたアイテムがかなり出てくるとか。怖いもの見たさ…、新製品イッキに見てみてませんか?

気になるNEWアイテムINDEX

 

Bottom Step(ボトムステップ)

2022年2月中旬頃登場予定

タイラバをベースに考案された根魚専用ジグ「Bottom Step(ボトムステップ)」。

※写真はプロトモデル

根魚を釣ることだけに特化し、いかに根掛りしないか…にこだわった固定式の特殊な細長い形状が特長的。この形状のおかげでスリ抜けが良く、また曲がった形状はユニットがラインに絡むことを抑制する効果があるそうな。

 

スペック

現在わかっているスペックはこんな感じ。

Weight:80g Color:#01 アカ #02 アカキン #03 ミドキン #04 蛍光オレオレ #05 蛍光オレピン #06 RBケイムラ #07 グロー

 

オリジナルカスタムハンドル

登場時期未定

Webで限定200本のみを発売…という、遊び心満載のアルミ製カスタムハンドルもなかなかにインパクト大。

代表の松成さんが「使いたかった」というのが作ったキッカケ。実はこれ、職人が1本ずつ手塗りでアルマイト加工している1点もの。そのため全てが微妙に柄が異なるんだとか。

ちなみに、センターナット用の穴はロングとショートを使い分けられる2つの穴を配置。ノブは交換可能だそうです。

 

スペック

カラーは6つのカラーのカモフラ柄に、牛柄、ヒョウ柄、トラ柄のアニマル系を合わせた計9パターンが登場予定とのこと。

 

トリプルフックカーリー/トリプルフックショートカーリー

続いては…最近乗り合い船でもホントよく見かけるようになった、売れ筋人気アイテムの替ユニットにNEWアイテム&NEWカラーが登場。

こちらもなかなかエグい仕上がり。必見です!

トリプルフックカーリー/2022年2月登場予定

サイズ展開はSとM、カラーラインナップは「#01 レッドオレンジ」「#02 オレゴーミリオン」「#03 オレゼブレッドSK」「#04 アカクロSK」「#05 オレゴーSK」「#06 オレゼブSK」の6色展開。

ちなみに、こちらのトリプルフックカーリーは1本ずつバラバラになっていると。つまり現場でアピール力を抑えたいときは1本抜いて使うなんてことも可能になっているとのこと。

 

トリプルフックショートカーリー(NEWカラー)/2021年12月登場

さぁ、どんどんいきます。

トリプルフックショートカーリーには、SとMそれぞれのサイズにNEWカラーが登場。「#49 オレピンスケール」「#50 クルマエビ」「#51 シマオレSK」「#52 シマレッドSK」「#53 えびオレSK」

5色追加されることで全22色のラインナップに。澄潮、濁り潮、ローライト…など、あらゆる状況に合わせられる展開に。

いずれのユニットもSサイズは赤バリ仕様。聞くとこれがなかなか興味深い理由なんですが…それはまた後日改めて!

 

プラスワン

2022年2月中旬頃登場予定

無限の可能性を秘めたアイデア系のタングステンシンカー「プラスワン」

たかがシンカー、されどシンカー。

一つテンヤに、エギに、ルアーに。脱着部分にあえて大きめのアイを採用することで、幅広いアイテムにセットすることが可能。

特に、状況に応じてヘッドサイズはそのまま、ウエイトだけを重くする必要があった一つテンヤでは、10号のテンヤを使用している場合、2号をプラスすれば12号、3号プラスして13号に…と幅広いウエイトに調整可能。

 

スペック

2号(約7.5g)、3号(約11.25g)、5号(約18.8g)の3サイズがラインナップ。

それぞれ2ケ入りで、メーカー小売希望価格は2号から順に¥370、¥470、¥630と、さすがタングステンが強いSTART!というコスパの高い価格帯も魅力。

出典:YouTube「START Official Channel」

 

まだまだ気になるアイテムが…

担当のスタッフさんにお話を伺うと、「今テスト中の目玉級アイテムやアパレルなど、まだまだ2022年はエグいアイテムがたくさん出す予定です!」とのこと。

いやぁ、楽しみ!気になる! 追加情報は追ってご紹介するとして…、台風の目となること請け合い、2022年のSTARTの動向に要注目です!

 

START

2013年設立、岡山県を拠点に「もっとみんなで楽しく釣りがしたい」という想いで立ち上げられたソルトルアーブランド。時間を見つけては瀬戸内海に船を出し、現場を通して「こんな商品があったらいいのに」という声を元に徹底的にテストを重ね、タイラバ、ひとつテンヤ、その他アイデア系アイテムなどの人気商品を数多く輩出。リアルタイムな情報をSNSやHPでも配信中。