ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【より遠くの竿抜けスポットを直撃】家邊克己がサーティフォーのNEWアイテム「Sキャリー」のヘビーウエイトモデルを紹介

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

ジグヘッドの釣りの操作感をそのまま沖へ」というコンセプトで開発された「Sタッチ」と「Sキャリー」。

従来のSキャリーは1.5gから4.0gのラインナップでしたが、さらなる沖へのアプローチを可能にすべく、 新たにヘビーウエイトを追加することになりましたので、今回はそちらを少し紹介させていただきます。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

「Sキャリー」にヘビーウエイトモデルが登場!

今回、新たに「Sキャリー」から5.0g、8.0g、10.0gの3ウエイトが登場となりました。

上手く完成に至りましたが、テストする上で大変だったのが、着水音をどう静かにするかということでした。ここまでのウエイトにもなると当然、着水時に結構な音がします。様々な形やウエイト位置のサンプルを作成しては現場でテストということを何度も繰り返して、ひたすら投げ込みました。そして最も着水音を抑えることができる形にたどり着いたという訳です。

サーティフォー公式「Sキャリー」詳細ページはこちら

 

Sキャリー」シリーズですから、モチロン沈下速度は0.4gのジグヘッドと同じ速度になるように調整しています。カナリ沖まで遠投可能で、そこでジグヘッド単体の釣りができるわけですので、まだ誰も攻めていないポイントを攻略することができます。「Sキャリー」のヘビーウエイト追加に伴い、「Sタッチ」もヘビーウエイト対応モデルを作成しました。

10.0gともなると従来の「Sタッチ」ではズレてしまい、フルキャストできませんでした。そこでウキ止めゴムをもっと強力なものに変更し、さらにビーズを1つ追加することで、その問題を解決しました。

ビーズがあることによってL字に曲がってくれるので滑らなくなります(この辺りは動画を見てもらえるとわかりやすいかと思います)。

どちらも2022年3月頃発売予定です。「Sキャリー」を使ったことがある人も使ったことがない方もぜひ1度使ってみてください。

 

【34】Sタッチ&Sキャリーにヘビーウェイトが登場!【新製品】

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

 

【34の新製品】Sキャリー・ヘビーウェイトのテスト釣行に密着!【家邊克己】

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい