ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バイトミスをさせない絶妙な浮力設定!エクリプスのサスペンドミノー「フルフロウ120SSP」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

シーバスやサーフゲームにおいて、なぜかミスバイトが多くなってしまう、バイトはあるがフッキングしない…なんて経験したことはありませんか?

特に活性が低いときなどはバイト自体も浅くなりがちで、ルアーが口の中に吸い込まれず、弾かれることが多々あります。

その原因は、ルアーの浮力による影響ともいわれています。

 

出典:エクリプス公式「フルフロウ120SSP」詳細ページ

そこで、今回紹介するのはエクリプスのミノー「フルフロウ120SSP」

「フルフロウ120SSP」は絶妙な浮力設定のセミサスペンド仕様で、バイト時も口の中に吸い込まれやすく、レンジキープにも長けたサスペンドタイプのミノーです。

ここではフルフロウ120SSPの性能と、「セミサスペンド」について解説していきます。

 

セミサスペンドの解説の前に、サスペンドの有能性について

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

まず、サスペンドとはルアーが水に近い比重に調整されていて、浮き沈みせず同じレンジに留まる浮力設定を指すもの。

リトリーブ後、フローティングやシンキングと違い、一時的にそのレンジにとどまってくれるので魚に違和感を与えにくく、ルアーの浮き沈みを嫌うようなスレたシチュエーションに効果的です。

バイト時もルアーの浮き沈みがないことで、口の中に吸い込まれやすく、深い位置でフックが刺さることで、バれにくくなります。

ほかにも操作時に容易にレンジキープがしやすく、アングラーもレンジを把握しやすいなどのメリットも挙げられます。

 

では“セミ”サスペンドとは?

では、ここからが本題、気になる“セミ”サスペンドとはどのような性能なのでしょうか?

【セミサスペンドの概念】
シーバスゲームは磯やサーフなどの海水、河川の淡水、河口の汽水とフィールドによって塩分濃度が変わります。
塩分濃度が高ければ浮力は高まり、塩分濃度が低ければ浮力は下がります。
なので海水でサスペンドに設定すると、河口ではスローシンキング、河川ではシンキングになってしまいます。
そのため、エクリプスではスローシンキングからスローフローティングの間をセミサスペンドと定義しています。

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

つまり、簡単に言ってしまうと、SSPは海水で超スローシンキング、淡水でスローシンキングの設定になっています。

ナチュラルドリフトやデッドスローリトリーブなど、テンションがかかっていない状況でもレンジキープがしやすく、比重の変化する河口などのフィールドでも、容易にレンジ攻略が可能。

また、リーダーの抵抗やPEラインが受ける風や流れなど、テンションが掛かっていることも加味してのセッティングになっているとのことで、フィールドの状況に応じてフックやリングの交換などでさらに細かな浮力調整を行えます。

 

フルフロウ120SSPの基本性能

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

サスペンド、セミサスペンドの性能について説明してきましたが、ここではフルフロウ120SSPの性能について紹介していきます。

まず、動きに関しては、振り幅を抑えた水に絡むようなロールアクション。

強く速い流れの中でも動きが破綻せず、丁寧に泳ぎ切ってくれます。

 

また、着水後も水平姿勢をしっかりキープ。

低活性でルアーをじっくり見せたいときにはフルフロウ120SSPは非常にオススメです。

浮力を抑えているので、流れの中で止めてもレンジが変わりにくく、テクニカルな離岸流に乗せてドリフトといったアプローチも簡単にできてしまいます。

 

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

ヒラスズキを狙うような荒磯でも、しっかりとレンジキープをしてくれるので、河口・サーフ・磯とフィールドを選ばずに使用することができます。

 

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

レンジ自体は、フルフロウ120Fよりも浅めの30~70cm。

フルフロウ120Fと見た目はそっくりですが、それぞれレンジとアクションが違うのでローテーションするとより釣果を伸ばしやすくなります。

 

フルフロウ120Fの紹介記事はこちら

産卵前のシーバスに最適!中層を攻め切るヘビーデューティーミノー!エクリプスの「フルフロウ120F」

 

フルフロウ120SSPを活かすアクション方法!

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

最後に、フルフロウ120SSPの性能を活かすアクション方法についてご紹介!

もっとも簡単かつ効果的なアプローチは、レンジに入れてからのデッドスロー、からのドリフト。

まず、キャストして着水したら、入れたいレンジまでリトリーブして潜らせます。

潜らせた後はリトリーブをデッドスローに移行し、レンジをキープさせたまま流れに乗せてドリフトこれだけでOK!

河口やサーフの離岸流を攻略する際は特にオススメです。

 

出典:エクリプス公式スタッフレポート詳細ページ

リトリーブ中、流れなどの抵抗を受けて巻きが重く感じたポイントは流れに変化がある証拠。

流れの変化ポイントはシーバスやフラットフィッシュのフィーディングポイントになっていることが多いので、より丁寧にアプローチしましょう!

 

誘い方としては、引き抵抗が重くなったところで、「スローリトリーブ+2秒止める」、止めた後はスローリトリーブを再開するだけでOK。

ルアーが流れから外れた瞬間にバイトが集中するので、ブルブルッと強波動のあとにフルフルっと弱々しい感触となるポイントを集中的に狙いましょう。

詳細はエクリプス公式スタッフレポートの「大石浩史Vol.59 フルフロウの使い分けinサーフ」にて詳細が解説されています。

是非合わせてチェックしてみてください。

[テスターレポート]大石浩史Vol.59 フルフロウの使い分けinサーフ

フルフロウ120SSPのカラーラインナップとスペック

カラーラインナップ

#002チャートパール

#010グロー/ボラ

#015リアルキビナゴ

#041リアルマイワシ

#081ブルピンイワシ

#087レンズキャンディグローベリー

#094ダブルチャートクリア

#105サンライズチャート

#137スターライトスパーク

#151ブリリアントオレンジキャンディ

 

スペック
全長 ウエイト フック リング 本体希望価格

(税込み)

120㎜ 20g がまかつSP-MH#3 #4 ¥2,310

エクリプス公式フルフロウ120SSP詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。