ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ランカーサイズがボコボコ?!】まだまだ楽しめる!吉岡進「東京湾ビッグベイト・シーバスゲーム」のススメ

連載:ジャッカルソルト
寄稿:吉岡 進
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん、こんにちは。吉岡進です。

今回は、東京湾ではやりにはやっているビッグベイト・シーバスゲームについてお伝えします。「コノシロパターン」とも呼ばれ、ランカーサイズがボコボコ釣れることもあるエキサイティングな釣りですよ!

吉岡 進(Susumu Yoshioka) プロフィール

「よっしー」の愛称で知られるジャッカルのソルトプロスタッフ。10代の頃はブラックバスにはまり、その後はオフショアソルトの世界にトップリ! 関東を拠点に一つテンヤ、オフショアタチウオ、ジギングなど、オフショアルアーゲームをマンキツ中!

 

東京湾のビッグベイト・シーバスゲーム

「ビッグベイト」とは、その名の通りデカいルアーのこと。

もともとは、バスフィッシングでランカーを狙うためにデカいプラグなどを使うようになったのが発端です。このビッグベイト、東京湾の大きな河川が流れ込むエリアでコノシロを捕食しているシーバスにも有効で、「これは面白い!」と、一気にブームが巻き起こりました。

 

コノシロがやや小さい?2021年の傾向

例年ですと、10月後半〜1月にかけて接岸するコノシロの群れに、シーバスが着きます。今年も時期はだいたい同じですが、ちょっとコノシロが小さいですね。小サバも混じっているようで、ビッグベイトへの反応に偏りが見られます。昨シーズンはダウズスイマー220SFが鉄板でしたが、今シーズンは食ってくる、食ってこないの差がハッキリしていますね。ワンサイズ下のダウズスイマー180SFなどを用意しておくと安心です。

 

ビギナーにこそオススメしたい「ビッグベイト・シーバスゲーム」

ところで、ビッグベイト・シーバスゲームと聞くと、「難しそう……」と尻込みする方がいるかもしれません。でも、実はそんなに難しい釣りではないので、ぜひ多くの方たちにトライしてほしいんです。

もちろん今シーズンのようにセレクティブなこともありますし、コノシロの群れ次第、シーバスの活性次第のところもあります。でも、基本的な釣り方はボートから20〜30mほどキャストしてタダ巻きするだけ。ダウズスイマーはアクション性が高いルアーなので、タダ巻きでも十分にシーバスにアピールしてくれるんです。

 

タックルも、バス用のビッグベイトタックルをそのまま流用できますし、最近は手軽なスピニングタックルを使っている人も増えてきました。ジャッカルだとGSW-S68Lのようなライトなオフショアキャスティングロッドが使えます。結構始めやすい釣りなんですよ。

「投げて巻くだけじゃ、すぐ飽きちゃいそう…」と思うことなかれ。しっかりとゲーム性があるので、ベテランでも楽しめます。タダ巻きと言いながら途中でフッと止めて食わせの間を作ると効くこともありますし、水面よりサブサーフェイス(水面よりやや下)を狙った方がいい時もありますし、迫力あるバイトでもビックリ合わせは禁物。フッキング率を高めるには落ち着いて巻き続ける必要があります。簡単だけど、奥が深い。だから僕も飽きることなくビッグベイト・シーバスゲームを楽しんでます。

 

ドカン! と水面を割ってビッグベイトに飛びかかってくるシーバスの迫力は、まさにエキサイティング。いつ飛び出すか、ドキドキワクワクのスリリングな釣りです。しかも、釣れればデカイ! 90アップも夢ではありません。タイミングさえ合えば、ボコボコとヒットすることも。ぜひ挑戦してみてください。

そうそう、ルアーをチェイスするシーバスの姿が見えるのもこの釣りの醍醐味。どんなアクションに反応するかが分かる貴重な情報源でもありますので、偏光サングラスをお忘れなく。刺激たっぷりの東京湾ビッグベイト・シーバスゲーム。ランカー狙いに特化したダウズワンも加わって、まだまだ楽しめそうですよ!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!