ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

軽い力でゴリゴリ巻ける!マキモノ系に特化したベイトリール!ZPIの「アルカンセLS」

出典:ZPI公式「アルカンセリール」詳細ページ

ZPIのバーサタイルリール「アルカンセ」。

アルカンセではローギアからノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギアの4種類があり、様々なスタイルに対応できるラインナップになっています。

出典:ZPI公式「アルカンセリールLS」詳細ページ

今回ピックアップするのはローギア、アルカンセLS!

ギア比は5.6、巻取りの長さは59cmとマキモノ系との相性がよいタイプのリールになります。

 

安定した巻き取りができるアルカンセLS(ロースピード)

アルカンセLS(ロースピード)は一定のリズムで巻きとれる安定性が魅力。

また、ギア比が低いと巻き取る力も強く、軽くハンドルを回すだけででグイグイ巻き取ることが可能です。

そのため、抵抗力の強いスピナーベイトやクランク・マグナムクランクを巻いても疲労感が少なく、それでいてルアーのスピードを落としたいときにも簡単に調整することができます。

特に晩秋でいえばバイブレーションやスピナーベイトなどサーチ力に長けたルアーを多用することが多く、冬に関してもボトム付近をスローに攻めたいときに重宝します。

ほかにもウィードやボトムの岩などにルアーがタッチしたタイミングをとらえやすく、それらをかわしやすいのもポイントです!

 

マキモノに特化させたハンドル設計

また、アルカンセLSでは巻きの釣りに特化した90mmロングハンドルを採用しています。

90mmにすることで巻き取り時のトルク力を高めるほか、ノブもよりパワーが伝達しやすい丸型ノブを搭載。

形状も外側への指のスッポ抜けを防ぐため、巻き抵抗の大きいルアーとの相性も抜群です。

冬場のグローブを装着していてもしっかりつかめる形状になっています。

リール自重も178gと軽量で、一日中巻き続けても負担が少ない設計になっています。

 

スプールは全機種共通の34mm径

スプールに関してはアルカンセリール共通のφ34mmのSRVスプールを搭載。

11.4gと軽量かつ高剛性というバランスに優れた設計で、ラインも使用頻度が多いであろう12∼16ポンドラインを前提に設計されています。

ショートディスタンスから遠投までできる性能となっています。

 

また、スプールからレベルワインダーまでの距離も長く取られたロングノーズデザインで、ライン放出時の抵抗ロスも少ないのもポイント。

ブレーキシステムもマグネット式のため、雨などの外的要因に左右されず安定的なキャストが可能。

外部ダイヤルは細かいクリックが付いているので、微調整も簡単です。

 

アルカンセLSのスペック

モデル ハンドル ギア比 重量 スプール径/
スプール自重
ハンドル
長さ
巻取り長 最大
糸巻き量
ベアリング数 BB/
ローラー
販売希望価格

(税込)

ALCANCE LS 5.6 178g 34mm/11.4g 90mm 59cm 12lb – 100m
14lb –   85m
16lb –   75m
9 / 1 ¥40,590
ALCANCE LS 5.6 178g 34mm/11.4g 90mm 59cm 12lb – 100m
14lb –   85m
16lb –   75m
9 / 1 ¥40,590

ZPI公式「アルカンセLS」特設ページはこちら

ZPI公式「アルカンセリール」詳細ページはこちら

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。