ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これからのNEWスタンダードなバスロッド「エリートスペックSTN680MS」

ノリーズの人気バスロッド「ロードランナーストラクチャーNXS」

NXSとはネクストステージを意味し、元々あったロードランナーのストラクチャーシリーズをブラッシュアップさせたロッドとなります。

そして、そのロードランナーストラクチャーNXSから2021年に追加となったのがエリートスペック。

エリートとは、アメリカ・バスマスターのエリートプロ・伊藤巧さんを指します。

バスマスターエリートシリーズ最終戦で優勝という快挙を成し遂げたのも記憶に新しい。

エリートスペックとしてラインナップされたのは2機種。

STN680MSとSTN6100MLS。

モデル 全長(cm(ft)) 継数 仕舞寸(cm) ライン ルアー(oz.) テーパー パワー 先径(mm) 自重(g) リアグリップ長(mm) 希望本体価格(税別)
ELITE SPEC STN680MS 204 (6’8″) 1 204 PE#0.6-1.5
6-14lb.
1/8-3/8oz Fast Medium 1.8 97 235 ¥55,000
ELITE SPEC STN6100MLS 209 (6’10”) 1 209 PE#0.4-1.5
4-12lb.
1/8-5/16oz Moderate Med-Light 1.7 100 245 ¥55,000

その2機種のうち、今回は1本でなんでもこなせる系のバーサタイル「STN680MS」をご紹介。

エリートスペックSTN680MS

これまでベイトフィネスでやるようなリグを、スピニングでこなせるのがエリートスペックSTN680MS。

メリットは繊細さ。スピニングとなることで、細かな、柔らかなシェイクが可能となり、飛距離に関してもアドバンテージが生まれます。

PEラインセッティングで、カバー絡みのパワー系ゲームから、ノーシンカーの虫系でのサイト、あるいはネコリグのロングキャスト、さらにはオープンウォーターの展開まで対応。

実はオカッパリでも「コレ1本で」なめちゃくちゃ汎用性の高いロッドなのです。

PEにリーダーを組むことで、障害物周りなどのPEが苦手とする部分を補足しつつ、繊細に扱え、ロングディスタンスに飛ばすこともできちゃう。

アメリカでも活躍するTaku Itoだからこそ提言できる、日本のバスシーンで今後のニュースタンダードになっていくのではないかと呼べる仕上がりとなっています。

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。