ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ショアキャスティングゲーム】さらなる高みへ!ミッチー高橋こと高橋慶朗の「沖磯ロックショア」の教科書

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
ジギング特集

流行ってます、ショアキャスティングゲーム。

多くのアングラーが、堤防からサーフから、まだ見ぬ大物に思いを馳せジグやプラグをフルキャスト。

その延長線上「沖磯ロックショアゲーム」と聞けば、そのハードルはグッと上がるイメージでしょうか。

…実は、そんなにハードルが高い訳でもなかったりして。 やってみたいけどロッドは何使うの?リールは?ルアーは? はい、こんな動画が公開。

 

【ショアキャスティングゲーム】ミッチー高橋こと高橋慶朗の沖磯ロックショアの教科書

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

出演はご存知ミッチー高橋こと高橋慶朗さん。

高橋 慶朗(TAKAHASHI MICHIAKI) プロフィール

「ミッチー高橋」の愛称で親しまれるダイワフィールドテスター。シーバスをメインにサーフゲームやロックショアなどソルトルアー全般に造詣が深いマルチアングラーとしても知られる。オオニベでラインクラス別の日本記録に認定、またスズキのラインクラス別世界記録を樹立するなど、ランカーハンターとしてその名を知る人も多い。

タックルセレクトやルアーアクションなどを実釣を交えガッツリ解説してくれている、いわば「ロックショアの教科書」!

舞台はショアキャスティングゲームのメッカ、大物の実績多数の島根県 隠岐の島です。

 

ダイビングペンシルとジグをメインに使い分けていく

ロケ当日はメインで幅広いレンジを探るべくジグを、朝イチや潮が変わるタイミングではダイビングペンシルを投げる展開に!

アベレージである3kg~5kgの青物から、隠岐の島だけあって大型も視野に入れた状況で、ミッチーさんはどんなルアー、どんなタックルをセレクトしていったのか…。

 

ジグについて

使用ジグ

まずはメインとなったジグについて。

フルキャストした先の水深が20~30m、潮がそこまでぶっ飛んではいない状況でセレクトしたのは90gのショアスパルタン ダーティンジグ

カラーは朝の光量が少ない時間帯は「グローピンク」、日が昇りきったら「ブルピンイワシ」や「シルバー」と、ナチュラル系をローテーション。

ミッチーさんいわく、ボディ側面に採用されているディンプル構造により引き抵抗の少なさが特長的で、しゃくり続けても疲れにくいジグなんだとか。

 

ジグタックル

ジグに使用したロッドはオーバーゼア グランデ 99H。そして、リールは新たにラインナップされるセルテートSW 6000-H

ファーストテーパーよりのティップでしっかりと高反発する「オーバーゼア グランデ 99H」に、トルクフルな巻き上げに加え剛性が特長的な「セルテートSW 6000-H」。何より共通する特長としてはその自重の軽さ。引き抵抗の軽いジグと組み合わせることで、とにかく疲れません!とはミッチーさん談。

 

1 / 2
次へ