ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボトムを意識した2つの釣りがマスト】琵琶湖プロガイド近松卓二の冬のはじまりの釣り方

寄稿:近松 卓二

暖かかった秋が終わり、気温が一気に下がり水温も下がってきた冬の始まり。

シビアになるタイミングですが、まだ水温は下がりきっておらず二桁台、10〜12度前後と釣り方は幅広くあります。

近松 卓二 (Takuji Chikamatsu) プロフィール

レイドジャパンプロスタッフ。琵琶湖の人気プロガイドとして活動しながら、多くのトーナメントにも参戦。TBC(利根川)や琵琶湖のBATNET(バスアングラーズトーナメントネットワーク)のトーナメントで入賞多数。

 

冬の始まりの釣り方

日中など、やはり暖かくなるタイミングが訪れるので、温まりやすい2〜8mまでのミドルレンジに安定感があります。

狙うべきベイトは動きの早い小魚系では無く、ハゼや甲殻類などが動きの遅いボトム系のベイト。こういったベイトが寒さで動けなくなってきたバスたちに好まれると思われ、そんなベイトが集まりやすい岩や、リングビアウォーレイなどのウィードが狙い目となります。

 

ボトム×とにかくウィードレスなノーシンカーといえば…

岩やリングビアウォーレイといえば、常に根がかりやウィードスタックの恐れがあるので、とにかくウィードレスなノーシンカーワームがベスト!

そこで登場するのがフルスイング5インチをテールカットした「カットスイング」

レイドジャパンスタッフの安藤氏もカットスイングで61cm 3900gのナイスサイズ!

フルスイング5インチをテールカットした状態でも16g近くあるので、その気になれば水深10mラインまでワームを落とし込む事が可能。ワーム全体に入っている前のめりなリブにより引き抵抗があり、小さく叩いても細かく首を振る為、アクションはズル引きからの細かくトウィッチ&ステイが基本。

他の高比重ワームとは違う動きがでているのか、かなり撃たれてスレている場所でもカットスイングにはバイトがあったりします。

 

個人的に少しワーム自体を柔らかくしたいので、ワームを煮たりフォーミュラをつけたりチューニングするのがマイブーム!

出典:YouTube「チカマッチャンネル」

アクションはとにかく、ボトムズル引きがオススメ。引き抵抗がそれなりにあるので、高比重ワームにありがちな何やっているかわからない感、はあまり無く、底が取りやすく、また根がかりが少ないので女性でも簡単に扱えます。

先日、YouTubeチャンネル「釣リグルイ」のまどかさんもカットスイングで!

出典:YouTubeチャンネル「釣リグルイ」

水温が上がるタイミングでは

夕方の水温あがるタイミングは、スイムジグ3/8〜3/4にフルスイング4インチを付けたスイミングゲームが面白いです!

特に岩やハードボトムに浮いている魚をスイミングジグをスローに引いて、当てた瞬間リアクションバイトさせる釣り方が一発デカイ魚を狙える釣り方かと思います!

基本的にボトムを意識する釣りが主流になる、冬になりつつある状態なのでこの二つの釣りはマスト。

バイトはあまり無いですが、釣れたら体力あるグッドコンディション!と記憶に残る魚と出会える時期。

是非防寒をしっかりして冬の釣りを楽しんで貰えればと思います!

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。