ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

意外と大事なランディングネット!メジャークラフトには「プレミアム」仕様の交換用ネットがある

ショアジギングにおいて、見落としがちだけれど、意外と重要なツールがランディングネット。タモです。

柄の部分に張りがなければ、フラフラしてなかなか魚をすくいにくいですし、もちろん強度も求められますよね。

出典:メジャークラフト公式ソルパラ ランディング シャフト詳細ページ

それは、シャフト部分はもちろんですがネット部分もしかりで。

肝心な時にこそ、メンテをしておかないと痛い目に遭う…という経験者です(笑)。

ヘキサネット

そんなランディングツール。メジャークラフトには多くのランディングツールがあるのですが、今回ご紹介したいのは「ヘキサネット・スペアネット」

ヘキサネットのスペア、交換用ネットということです。

まずスペアネットを紹介する前に、ヘキサネットを駆け足でご紹介。

ヘキサとはヘキサゴン、つまり6角形を意味するのですが、メジャークラフトにはその名の通り6角形のヘキサネットというランディングネットがあります。

出典:メジャークラフト公式ヘキサネット詳細ページ

6角形になることで、取り込む際の口の角度が広くなり、魚がすくいやすい。

そのヘキサネットの交換用ネットというわけです。

ヘキサネットのスペアネットにはプレミアム仕様もあり

スペアネットには、スタンダードとプレミアムの2種類あり。

出典:メジャークラフト公式ヘキサネット・スペアネット詳細ページ

スタンダードはヘキサネットに標準セットされているものと同様のスペアネットとなります。

傷んだネットの交換を考えているなんて時にオススメ。

もうひとつの「プレミアム」。これが結構オススメなのです。元々スタンダードも切れにくいナインロンモノフィラメントを素材として採用しているのですが、さらにすくいやすく、クセの付きにくいのがプレミアム。

こちらがスペアネットのプレミアムタイプ

違いは網目の細かさ。

上記の通り「スタンダード」は25mmの55目、プレミアムは10mmの80目と目が細かい。

網目が細かくなったことで、そもそもフックが網目に絡みにくくなったのと、もしフック絡みが起きた場合でも外しやすいのが特徴なんです。

実際にネットでタモ入れしたはいいけど、なかなかフックが外れないというパターンは「あるある」で、リリースする場合でも魚のダメージを考えると気持ちのよいものではないですよね。

もちろん、外す時間が短くなればストレスにもなりませんし単純に釣りをする時間が長くなる、時合を逃さないことにもつながります。

価格差は1,000円ほどですし、ネットの交換を考えているなら、もっと魚を掬いやすく、もっと魚を救いやすい、プレミアムタイプはいかがでしょうか。

■スタンダードタイプ
サイズ:M55mm・L60mm
価格:M・Lともに1,430円(税込)

■プレミアムタイプ
サイズ:M55mm・L60mm
価格:M・Lともに2,530円(税込)

※M・Lともにヘキサネットの1ピース・4ピースフレームどちらにも対応

メジャークラフト公式ヘキサネット・スペアネット詳細はこちら

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。