ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エコギア佐々木俊が初場所でアイナメ!的確な状況判断が生んだ連発劇を公開

エコギア・プロスタッフの佐々木俊さんのアイナメ実釣動画を公開。

ひとつキーワードとなったのが「初場所」。

今回のフィールドは北海道・室蘭。室蘭の沖堤防は佐々木さん自身、初めてとなる場所でした。

初場所で見せた的確な状況判断

室蘭といえば豊かな魚…というイメージがあり、実際にサイズも数もよく出る場所ではあります。

しかしながら、当日の模様はといえば、ちょっとご機嫌斜めな室蘭だったのです。

佐々木さんがまず試みたのは、巻きモノで壁際のサスペンドした個体を狙うこと。

で、実際に朝イチで本命が出たのですが、後が続かない。壁際を見れば多数のカジカの群れ。

カジカに押されたのか、壁際でサスペンドした個体は少ない様子でした。

であれば…と取り出したのはビフテキ。ビフテキリグで遠投、チョイ投げ、堤防の内側・外側と探っていき、「どのポジションにどういったアイナメがいるのか」を的確に判断。

最終的には、その日の答えでパターンに強烈にハメて連発劇を見せてくれたのでした。

とはいえ、ご本人的には巻きモノでバチーンと大型連発といきたかったようで…。来年もまた、との言葉を残してくれたというわけです。

動画内容としては楽に連発しているように見えますが、おそらくこの日の沖堤防では一番の釣果だったのではないでしょうか?

ただ実は、佐々木俊さんの的確な状況判断があったのです。

佐々木 俊(Shun Sasaki) プロフィール

ロックフィッシュ激戦区である東北で数々のトーナメントで優勝、上位入賞を果たしている若手注目株。状況に応じた変幻自在な対応で、地磯、堤防、パワーゲームからフィネスゲームまで柔軟にこなすロックフィッシャー。