ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

まんまエビ系ワーム「プリエビ」でオカッパリ湾奥ロックフィッシュ攻略

寄稿:磯村 満
新製品総力特集2022

磯村 満(Mitsuru Isomura ) プロフィール

名古屋港周辺をホームに雨ニモマケズ風ニモマケズ…悪天候を物ともせず、ライトSWターゲットをメインに旬なターゲットを求めフィールドに通い続ける。最近ではライトタックルを用いたスタイルにハマり中。1971年8月生まれ。愛知県出身・在住

名古屋港周辺をホームにほぼ毎日湾岸パトロールをしている’’いそにぃ’’こと磯村です。

今回はリアルエビ系ワーム「プリエビ」を用いた湾奥のロックフィッシュ攻略を紹介させていただきます。

ようやく気温も下がり気候も冬らしくなって来ました。ロックフィッシュゲームも本格的なシーズンインとなり、良型サイズも狙える時期になりました。

この時期の湾奥の主なターゲットと言えば、シーバスとロックフィッシュ。特にロックフィッシュは手軽に狙えるのでファミリーでの釣行で人気です。

手軽に狙えるけど小さいサイズは出来るだけ避けて釣りたい。
ところが、なかなかサイズを選んでの釣り分けは難しいですよね。
そんなアングラーにオススメなのがロックフィッシュ用に発売されている『プリエビ』です。

ジャクソン公式 プリエビ詳細ページはこちら

Name Size Quantity Price
プリエビ 3.25inch 4本入り ¥530

ワームなら何使っても一緒じゃないの?って声が聞こえてきそうですが、実際に使用してみると、プリエビをススめる意味を分かってもらえると思います。

どういうことかというと…。

ニオイ等で集魚力のあるワームだとワーム自体のサイズが大きくてもその匂いでサイズ関係なく釣れます。ところが『プリエビ』は匂い系ではないのと3.25インチと湾奥で使用するには若干大きめ。
この‘’若干‘’大きめというが、数狙いという面ではウィークポイントになります。

勝手な想像なのかもしれませんが、3.25inchサイズだと、小さいサイズがバイトしにくいサイズなのかもと感じています…。

実際、最近の実釣でも小さいサイズが釣れず…。ただ逆に数こそ少し減りますが良型が揃って良い釣果が出ました。

ちなみにプリエビはボディから突起している各所から発する微波動が、かなり効いているので、アクションさせずにボトムにステイ(放置)させているだけでもOKです。

1.ヒゲ=小刻みなアクションでアピール
2.関節のリブ=可動域を広げ、より艶めかしいアクションを演出
3.足=ノーアクションでも微量な水流に反応し、微波動でアピール

オススメリグは直リグ・テキサスリグ・フリーリグ

セットするリグに関して今回は湾奥で使用する前提で説明しますが、主にオススメは直リグ・テキサスリグ・フリーリグです。

カサゴなら直リグでボトムバンプ!
クロソイなら」テキサスやフリーリグ

カサゴをメインに狙うなら直リグで、ボトムバンプをさせて誘ってみると良いと思います。

次に近年湾奥でも魚体数が増している遊泳力のあるクロソイ狙いでオススメなリグはテキサスリグやフリーリグ。

シンカーが先に着底して後からワームがゆっくりフォールしてくるアクションは、魚がバイトし易いので特にオススメです。あとこのリグはタケノコメバル狙いでも有効ですね。

究極リグといえるのがノーシンカーリグ

最後に究極のリグとして挙げておきたいのはノーシンカーリグ。


これはプリエビをオフセットフックにセットしてキャストして落とすだけ。気を付けるのはラインテンションを張らず緩めずにしておくだけです。

このノーシンカーリグは魚が居れば間違いなくバイトしてきます。ぜひ色々なリグで試してみてください♪