ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【体感約50%軽く感じる着用感】スムーズにランディング体勢へ移ることができる!第一精工「ネオストラップシリーズ」を紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

釣った魚を確実にキャッチするための「ランディングネット」や「ギャフ」。

皆さんはどのように携帯していますか? 移動も多くて、足場のイイ場所が決して多いわけじゃない陸っぱり。移動の際、持ち運びの負担が増えますよね? 釣りをしている際、足場の悪い所に置くと落水したり、置ける場所があっても、魚が掛かって準備をしている間にバレてしまうケースも。

そんな様々なシチュエーションに遭遇する陸っぱり、「移動時と釣りの最中は体に負担がかからず肌身離さず持ち歩けて、いざ魚が掛かればスムーズにランディング体勢に移れる」。そんなアイテムがあれば便利だと思いませんか?

 

ネオストラップ
ネオストラップMG【第一精工】

今回紹介するアイテムは、第一精工の「ネオストラップ」と「ネオストラップMG」。

ランディングネットやギャフ専用のショルダーベルト。コレを活用することで体感約50%軽く感じるという超軽量感ネオストラップ。幅広で柔らかいネオプレーンの採用によって、長時間使用していても肩や脇腹が痛くなったりすることもありません。伸縮するネオプレーンにより、ストラップ全体に重量が分散! ボディにもピッタリフィットしてくれるので、移動時もグラつかず安定感バツグン。長時間持ち歩いても疲れにくいように設計されています。

品名 長さ 税込価格
ネオストラップ 75cm~95cmまで調節可能 ¥2,310
ネオストラップMG 75cm~95cmまで調節可能 ¥3,740

第一精工公式「ネオストラップ/ネオストラップMG」詳細ページ

 

スムーズにランディング体勢に移れる

両モデルの特長に関して、もう1つ注目すべきポイントがあります。

それはスムーズにランディング体勢へ移れるトコロ! 2種類の違いもココで関係しています。まず、「ネオストラップ」を使ってランディングをする際、ストラップ全体が伸びてくれるのでタスキ掛けから引っぱるだけでラクに肩より外すことができます。因みにセーフティバックルでもワンタッチで外せます。

 

ネオストラップMGはマグネット仕様!

一方「ネオストラップMG」は、バックルの後ろ側にマグネットバックルを搭載したモデル。つまり、ランディング時にセーフティバックルを解除しておき、マグネットバックルを外すだけでスピーディーにランディング体勢へ移ることができます。

また、移動時にはセーフティバックルを併用することで、不意の脱落を防いでくれます。

 

両モデルどちらが良いのかについては好みですので、ご自身に合うモデルを選んでみてくださいね! 以上、「ネオストラップ」と「ネオストラップMG」の紹介でした。

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。