ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フック選びに困ったらこのフックを購入すればOK!ZPIのオフセットフック「EZオフセット」

通年通して使用するオフセットフック。

オフセットフックはその特殊な形状からフックポイントを隠すことができ、スナッグレス性が高く、カバーゲームやストラクチャー周辺を狙うときに不可欠のアイテムです。

現在、各メーカーから数えきれないほどフックがラインナップされており、デザインや線径など多種多様に展開されています。

今回はそんな大量に展開されているオフセットフックに一石投じる、ZPIの「EZオフセット」のご紹介!

出典:ZPI公式EZオフセット詳細ページ

このZPIのEZオフセットは非常に特徴的で、サイズ展開もシンプルにS・M・Lの3種類展開!

ネームのEZもEASY(イージー)とあるように、フック選びをシンプルに、そして汎用性の高いフック性能となっています。

特にバスフィッシングを始めたてのアングラーにとっては、フック選びも一苦労。

結局どのフックを選べばいいのかわからない、フックをそろえるのが大変…といった悩みを一発解消してくれるフックシリーズとなっています。

コンセプトも「誰もが選びやすく扱いやすい」ように、設計されているので、ビギナーの方にもやさしいアイテムになっています。

実際、フックの仕様も近年オーソドックスに使われているワームサイズを独自に調査し、それらにあわせた設計になっています。

フック選びに迷ったら、とりあえずEZオフセットのS・M・Lの3種類を持っておけばOKという、まさにイージーなフックとなっています!

SML表記でフック選びもイージーに!

 

このEZフックは表記S/M/Lと非常にシンプル。

それぞれサイズは、

・S(3∼4inch class)

・M(3.5∼4.5inch class)

・L(4∼5.5inch class)

のワームに対応しています。

 

シンプルだけじゃないこだわりのフックデザイン

まず、ラインを通すアイですが、アイはやや大きめの形状。

これはラインを通しやすくするほか、ライン方向にワームがズレにくくするため!

セットしたワーム自体もしっかりとホールドできるようになっています。

 

図のように、アイからクランク部までは長めの設計。

ワームサイズに合わせて調整ができるようになっていて、セットするワームにあわせて浅く刺したり深く刺したりとフックポイントを好みの位置に調整が可能!

 

ギャップに関しては狭すぎず広すぎずの絶妙な設定されています。

フッキングの際に貫通力やスナッグレス性を損なうことなく、ボディの厚みがあるバルキーワームにも対応しています。

 

バーブは貫通力を重視した小さめの設定。

カバー最奥でラインが枝に跨いでいたりオカッパリでロングキャストしている時などフッキングのパワーがフックに伝わりにくい状況でも高確率で刺さる性能となっています。

各サイズのスペック

サイズ 適合ワームサイズ 入り数 メーカー希望本体価格(税込)
SMALL 3∼4inch class 6 ¥275
MEDIUM 3.5∼4.5inch class 5 ¥275
LARGE 4∼5.5inch class 4 ¥275

ZPI公式EZオフセット詳細ページはこちら

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。