ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハマチ・メジロ連発】ジャックアイシリーズで青物大漁捕獲!ハヤブサ橋本翔大のショアジギング実釣レポート(in岸和田一文字)

 

皆さんこんにちは! ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

今年の大阪湾は青物フィーバー! スタートが少し遅いかな? と思っていた矢先、イキナリ各地で爆発的に釣れ始めましたね! 数が多いというよりは、群れで一気に接岸してくるので、日によってムラがある印象でした。中でもメジロサイズが多く、初心者の方でもサイズ記録を更新できた方もカナリ多いのではないでしょうか。

そんな中、先日は大阪湾でも人気のショアジギングスポットである「岸和田一文字」にて実釣してきましたので、その釣行を振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

 使用ルアーは「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」!朝イチのチャンスタイムで青物連発

この日はガッ釣り関西の撮影。

朝一番船の船に乗り込んで一文字へ。ポイントは沖の北のポンプ小屋付近。早速同行していたハヤブサ・フィールドスタッフの井上さんにヒット! ヒットルアーは「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」(40g)(ケイムラブルーイワシ)。

 

ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル(ケイムラブルーイワシ)

重さ(g) カラー 税込価格
30、40 4色 30g(¥968)40g(¥1012)

ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」詳細ページはこちら

 

朝マヅメの光量が少ない時間帯は、グローやケイムラといった塗料によるアピールが激効きです。

ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」はサゴシだけに限らず、青物や根魚など、様々なターゲットを狙うことができます。あくまでサゴシ「対策」としてフロントアシストをワイヤー仕様にしています。

 

この後、さらに立て続けに井上さんがヒット! 先ほどのサイズよりは小ぶりですが、体高のある立派なハマチです。

ヒットルアーは「ジャックアイ マキマキバイブ」(60g)(フルシルバー)。周りのアングラーも次々と竿を曲げるほど活性が高かったこういった日は、「ジャックアイ マキマキバイブ」のような超ハイアピールルアーに分がありますね。

 

ジャックアイ マキマキバイブ(フルシルバー)

重さ カラー 税込価格
40g、60g 7色 40g(¥1,210)60g(¥1,320)

ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキバイブ」詳細ページはこちら

 

ジャックアイ マキマキバイブ」はビッグシルエット・振動・フラッシングの3大アピール要素が詰まった超ハイアピールメタルバイブです。

アピール力に関していえばトップクラスなうえ、メタルバイブで60gという規格なので、超ぶっ飛び仕様!  広範囲を探ることができます。

 

女性リポーター「のぞみさん」も人生初ショアメジロをゲット! マキマキは女性の方にも本当にオススメできます!

この後! ついにガッ釣り関西リポーターの「のぞみさん」もヒット! 本当に巻いているだけで釣れるので、初めての方や女性の方にもオススメできます。

 

のぞみさんはこの日、初めてショアからメジロを釣ったということで、本当に嬉しそうでした! 過去に何度も目にしてきたのですが、女性の方がマキマキを使うとなぜかサイズの良い魚が釣れるんですよね(笑)。

 

私だけ最後までノーヒットだったので内心ヒヤヒヤしていましたが、完全に日が昇ったタイミングで、「ジャックアイマキマキ」でシッカリと釣ることができました。ヒットカラーは「ケイムラアカキン」の40g。ボトムまで沈めて一定スピードで巻いていると中層でゴツンときました。

 

ジャックアイマキマキ(ケイムラアカキン)

 

重さ 税込価格
20 ¥869
30 ¥913

マヅメ濁りスペシャル1号、マヅメ濁りスペシャル2号、¥935

40 ¥957

マヅメ濁りスペシャル1号、マヅメ濁りスペシャル2号、¥979

60 ¥1023

ハヤブサ公式「ジャックアイマキマキ」詳細ページはこちら

 

 ベイトサイズが小さい時ほどマキマキのブレードが有効!小さめのフラッシングと波動が小魚の動きをイミテート!

今年の大阪湾は、秋にしてはベイト(カタクチイワシ)のサイズが例年に比べて小さいです。

そんな時こそ「ジャックアイマキマキ」のブレードが効きます。大きすぎず小さすぎないため、フラッシングと波動がまるでベイトが動いているかのように、ナチュラルにアピールしてくれるので巻くだけで釣れるという訳です。

 

いかがでしたでしょうか? 今年は全国的に青物が多く、岸和田一文字はモチロン、大阪湾でも様々な釣り場で青物が釣れているのを耳にします。

皆さんもショアジギングに行かれる時は、ぜひジャックアイシリーズを使ってみてくださいね!

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。