ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【早い!強い!】摩擦系ノットを覚えるならまずはこれから!エギングにオススメのPEラインとリーダーの結び方

釣りという深みにどんどんハマっていく中で。

ビギナーの皆さんがつまづくであろう最初の壁といえば、PEラインとリーダーの結束ではないかと。

PEラインがメインとなる釣りは数あれど、とりわけ力強くシャクり、強力なジェット噴射に耐え、短い時合には素早く、またナイトであれば簡素なものが良い「エギング」に用いるノットとなれば、結束方法もある程度選ぶ必要があるわけで。

エギングといえばこの人、ヤマシタのエギングマイスター川上英佑さんが「早くて強くてカンタン」とオススメするノット、気になりませんか。

川上 英佑(KAWAKAMI EISUKE) プロフィール

ショアをメインにオフショアからのエギングにも精通するYAMASHITAエギングマイスター。 エギング歴は20年に及ぶ。エギングが認知されてまだ間もない頃からYAMASHITAのプロスタッフとして活動、その活動範囲は国内外問わず幅広く、東南アジアからオセアニア、ヨーロッパ、南アメリカと世界中に及ぶ。また世界各国でエギングを行い、またエギングセミナーを開催。ロジカルなセミナーは海外でも人気が高い。

 

早くて強い!エギングにおすすめのPEラインとリーダーの結び方 “SFノット”

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

そのノットとは簡単、スピーディ、高強度という「SFノット」

最初の編み込みと最後エンドノットさえ覚えれば結構カンタンで、記者もFGノットを覚えるまではSFノット一択。実際、川上さんもレッドモンスターなど大型のイカを狙う時も、急いでいる場合はこのノットを使うという信頼のノットなんだとか。

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

実際のPEラインとリーダーでも実践

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

動画を見て個人的に「お」と思ったのは、実際のPEラインとリーダーでも実践している点。実際に結んでいるトコロを見れば、手の動かし方とかどこに力を入れるのかなど参考になるんですよね。

 

初めから完璧にできる人なんていない

初めから完璧にノットを組める人なんて絶対にいません。動画を見ながら何度も練習してなれることが一番重要。

SFノットをマスターすれば、さらに強度のあるFGノットやノーネームノットなどにも応用が可能。

ノットの強度に不安がある。今より強度のあるノットをマスターしたい。そんな方はぜひこの機会に覚えてみてはイカがでしょうか!

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。