ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サワラキャスティングのはずが多魚種オンパレード!「ジャックアイマキマキサゴシスペシャル」は色々な魚種を狙える超万能メタルジグ

 

皆さんこんにちは! ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

全国的に流行の兆しが見える「サワラキャスティング」。東京湾でも例外ではなく、サワラの量も多いことから、サワラキャスティングの需要がカナリ高まっているとのこと。

というわけで、さっそく東京湾で「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」をマキマキしてきましたので、その釣行を振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」はサワラを掛けても安心のワイヤーアシスト仕様

この日は千葉県・寒川港から出船している「守山丸」様にお世話になりました!

朝イチは「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」(40g)(アカキン緑夜光ゼブラ)を使います。

 

アカキン緑夜光ゼブラ

 

重さ(g) カラー 税込価格
30、40 4色 30g(¥968)40g(¥1012)

ハヤブサ公式「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」詳細ページはこちら

 

ベイトが沢山居るので少しでも目立つように派手目の「アカキン緑夜光ゼブラ」カラーをチョイス。

ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」は、通常のマキマキと何が違うのかを説明すると、フロントアシストがワイヤー仕様になっています。通常のアシストより強度があり、サワラやサゴシの鋭い歯に対応しています。ですので、安心してサワラとやり取りができるといったメリットがあります。

 

ベイトが多い中、表層付近を速巻きしているとイキナリ強烈バイト! 上がってきたのは良型のシーバスでした。「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」はサワラやサゴシに限らず、他のフィッシュイーターも同時に狙うことができるルアー。

ブレードの振動とフラッシングがベイトのライブリー感を生み出すため、特に青物やシーバスには効果バツグンです! 「サゴシSP」という名ですが、他の魚種にも対応できるのがこのルアーの魅力です。

 

 シーバス以外に青物もキャッチ!さらに超高級魚のあの魚まで

 

シーバスが釣れた後、しばらく沈黙が続きましたが、再び水面が少しザワつきはじめました。鳥も飛び始めて雰囲気が上がってきます。

先程と同じように速めのリトリーブでタダ巻きをしていると、中層でゴツンとバイト! イワシベイトを食べまくっている良く肥えたイナダです。

先ほどお伝えした通り、「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」は青物やシーバスはモチロン、どんな魚でも狙うことができます。ボトムを探れば根魚や底物が狙えるし、マダイが釣れるなんてことも。

どんな魚種でもオールマイティーに狙うことができるのも、「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」の魅力です。今回も青物以外の珍客が釣れたのですが、まさかの超高級魚「トラフグ」でした(笑)。

 

狙いのサワラは残念ながら釣れませんでしたが、東京湾でも「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」が大活躍してくれましたよ。

ショア・オフショア問わず使うことができるので、サワラキャスティングはモチロン、堤防からの青物狙いにもぜひ使ってみてくださいね!

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。