ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エギング入門に最適!デュエルの「EZ-Q® キャスト 喰わせ ラトル」

釣りの中でも特に人気の高いエギング。

エギングとはエビ型の疑似餌「エギ」を使用してアオリイカやコウイカなどを誘う、ルアーフィッシングの一つ。

エギを跳ねさせるように誘うロッド操作やイカのアタリなど非常にゲーム性が高く、それでいて釣ったイカを食べるという楽しさもあり、女性アングラーの人気も高い釣りとして知られています。

特に秋の時期のイカは、スレていなく釣りやすいことからも、エギング入門にも最適です!

現在、各メーカーから多数の餌木がラインナップされ、正直何を選んでいいかわからないというアングラーも多いかと思います。

今回はそんなエギング入門アングラーにオススメのエギをピックアップしてご紹介!

デュエルから展開中の「EZ-Qキャスト 喰わせ ラトル」!

今回ピックアップした「EZ-Qキャスト喰わせラトル」は、ボディ形状による波動やエビ音と呼ばれるカラーラトルで誘う人気の高いエギ。

特にエビの起こすリアルな波動を再現させたパタパタフットは、シルエット・波動ともにアピール効果が高く、イカを寄せて抱かせるのに効果抜群!

ウェーブモーションボディと従来のエギ形状では出せない凸凹ボディが採用されていて、強い波動を発生させることが可能です。

また、アイにはローリングシャフトが搭載されています。

このローリングシャフトがあることで、スムーズな回転でラインよれを防ぎ潮流や波をうけて自然な揺らめきアクションを発生させることができます。

秋イカに特に効くカラーラトル

そしてもう一つがネームにもなっている喰わせのラトル音!

このラトルは「エビ音」とも呼ばれ、エビが逃げる時に発する音をリアルに再現しています。

ちなみにこのラトル音は水中における音速は空気中の約4.4倍と非常に広範囲にアピールします。

秋イカは全体的にスレていなく好奇心旺盛のため、ラトルなどの音に敏感に反応していきます!

寄せて抱かせることができるので、抱かせの一手にも最適です!

ビギナーにも感知しやすいバンパー

エギングはエギを着底させてから誘うのが基本になります。

そこで重要になるのが、エギがボトムに着底した時の感知能力。

慣れてくれば僅かな手の感覚やラインで判断ができるのですが、ビギナーの方にとっては最初の難関になるかと思います。

この「EZ-Qキャスト喰わせラトル」では2.5号ではトマホークシンカーバンパー、3.0号、3.5号ではスナッグレスバンパーが搭載されています。

2.5号のトマホークシンカーバンパーでは、ボトム感知能力強化、追加鉛の着脱も容易にするほか、着底後僅かな潮流でも「揺らぎアクション」を発生し、イカを刺激する性能となっています。

対して、3.0号、3.5号のスナッグレスバンパーではボディの保護、根掛かり防止、感度アップ、着底後の揺らぎアクション、追加鉛などの役目を果たす性能となっています。

どちらもボトム感知・根掛かり回避に長けた性能となっているので、非常に扱いやすい操作性に長けています。

EZ-Qキャスト 喰わせ ラトルのスペック

サイズ(号) 重量(g) 沈下速度(s/m)
2.5 10 約3.9
3.0 14 約3.2
3.5 17 約3.2
カラースペック

デュエル公式「EZ-Q® キャスト 喰わせ ラトル」詳細ページはこちら