ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アオリイカ急成長中!ボートエギング爆乗りレポート【和歌山県田辺・サウスカレント】そろそろ2キロも狙える!?

寄稿:青木将晴

青木 将晴(Takaharu Aoki) プロフィール

紀伊半島をホームグラウンドとし、フィールドワークを繰り返すオカッパリエギングのスペシャリスト。またオカッパリエギングだけでなく、ティップランやイカメタルなどオフショアでのイカゲームの経験・ノウハウも豊富。愛称は「あおっくん」。ブラックライオン・フィールドテスター、デュエル・エギテスター

こんにちは! BLACK LION青木です。
先日、和歌山県は田辺のサウスカレントさんで、現在、絶好調のボートエギングを楽しんできたので、レポートさせていただきます!

さて今回、同行して頂いたのは、 ハピソンフィールドスタッフの曽我部さん。
普段はタイラバや太刀魚テンヤ等で活躍されている曽我部さんが、今回はボートエギング にチャレンジ。

エギング はしたことがある釣りみたいですが、ボートエギングは初めてと言うこともあり、ワクワクしながら港を出港。

まずはシャローエリアからアンカーを下ろしボートエギング 開始。
キャストして着水と同時にシャクリを入れ、止めた瞬間に引ったくるようなアタリが連発!

私が使用したロッドは「ラーテル77 MH」。 曽我部さんの方は、お気に入りロッドになっているという「ラーテル77」を使用。
基本2人ともゆっくりと優しくシャクリを入れて誘います。

ラーテルだと優しいシャクリでもエギはしっかりと動いてくれるので女性の方でも楽にエギングが楽しめます。

曽我部さんもラーテル77の感度を味わいながら潮をとらえ、足元まで丁寧に探っていると、いい感じでヒット! 釣果を伸ばしていきました。

そして夕マズメ前には理想的な潮の流れをラーテルがとらえ、その潮にDUELのez-Qキャストez-Qダートマスター3.5号を流し込んでいくとアタリが出てわ出るわ!

辺りが暗くなるまで、そんな感じでヒットが続き一気にツヌケ成功。
終わってみれば2人で18杯の釣果で、大満足の中、竿納としました。

 

今回使用したのロッドは次世代エギングロッド「ラーテル77MH」

今回、僕が使用したラーテル77MHですが、MHというパワー表記なので、硬いロッドなイメージを持たれてる方も多いようなのですが、決して硬くないです!

モデル Length EGI
(号)
Line
(PE)
Section 先径
(mm)
元径
(mm)
自重
(g)
仕舞寸法
(mm)
税込価格 Production
ラーテル77MH 7.7ft 3.0〜3.5 0.6〜1 2pc 1 10.6 88 1.195 ¥53,790 MADE in JAPAN

ラーテル77MHも、ラーテル77の調子をそのまま引き継いだモデルなので、3号のエギでも十分扱える柔らかさも備わっています!  簡単に言いますと、ラーテル77がそのままの少しパワアップした機種がラーテル77MHとなります。 オカッパリ、ボートエギング、ともにもススメなので、ぜひチェックしてみてください!

ブラックライオン公式ラーテル77MH詳細ページはこちら

さて今回、爆乗りとなったボートエギングですが、簡単にたくさん釣れると思われる方も多いと思います!
確かにいい釣果に恵まれることも多いですが、実際やってみるとオカッパリとは違う難しさ、面白さがあり、それがまた楽しかったりします。

現在、秋も深まりて、アオリイカは一気に成長していて、11月中には2キロUPも上がってきそうな状況。 益々楽しみな季節になってきました!
ぜひ皆さんも次世代エギングロッド「ラーテル」を使った釣りをお楽しみ下さい。

緊急事態宣言は解除になりましたが、気を緩めず感染対策も心がけ、楽しんでいきましょう!