ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ルアー交換やノットを組む際に便利】小物類を挟むこともできる!明邦化学工業「マルチクリップBM-L」の便利な使い方

これまで何度も紹介してきた明邦化学工業の「マルチクリップBM-L」。

エサ釣りの方からの要望で誕生したアイテムですが、ルアーフィッシングでも出番がカナリ多め。記者も最近は、釣行の度にボックスに忍ばせていますよ!

【少しロッドを立て掛けたい時に】船べりのロッドホルダーやパイプにも装着できる優れモノ!明邦化学工業「マルチクリップBM-L」

【大切なタックルをキズから守る】少しロッドを置きたい時に出番がカナリ多い!明邦化学工業「マルチクリップBM-L」の活用術

 

さて! つい先日、沖堤防へ釣りに行ってきました。その際に「マルチクリップBM-L」の少し便利な使い方を発見しましたので、今回は普段活用している方法を絡めながら少し紹介したいと思います。

 

ルアー&タックルセッティング、魚が釣れた時にメチャ便利

そもそも、ルアーフィッシングで「マルチクリップBM-L」をどうやって使うのか? についてですが、最も活躍する場面はルアー交換やタックルセッティング、または魚が釣れた時。

 

マルチクリップBM-L」を装着していると、ロッドスタンドにロッドを置くより素早くロッドを立て掛けることが可能。普段、壁やフェンスにロッドを置くような感覚で置けるかなと…。

キズや転倒もふせげるので持っているとカナリ重宝しますよ!

 

渡船の待ち時間や車から荷物を下ろす時など! 複数本のロッドも置ける

渡船の待ち時間や車から荷物を下ろす時。

複数本のロッドを持っていると置き場に迷ってしまうことってありますよね。そんな時も「マルチクリップBM-L」があると便利! 以下の写真のように本体の中央に置くことで安定感バツグン。とりあえず置いてから他の荷物を車から取り出したり。待ち時間もロッドに気を使うこともなくなります。

 

 

ショックリーダーやワームのパッケージなど! ロッドを置きながら小物類を挟むことが可能

今回、便利だと感じた使い方は以下の通り。

 

ショックリーダーなどの小物類をこのように挟むことができます。

記者はとてもどんくさいので、ショックリーダーをボックスの上に置きながらノットを組むと良く落としてしまいます。ノットを組んでいると知らない間にラインが張っているんでしょう…。

そんな時、このように「マルチクリップBM-L」で固定しておけば転がっていく心配もありません。使用頻度の多いアイテムだと常にこうして挟んでおくのもアリではないでしょうか? 「トレイ BM-S」や「トレイ BM-L」を使うようなイメージで。

外に出しておくと風に飛ばされやすいワームのパッケージなどを挟んだりすることも良くします。

 

というような感じで、「マルチクリップBM-L」を使った少し便利な活用方法を紹介しました。値段も税込価格で770円でメチャ手頃。ロッドが破損して支払う金額のことを考えると、持っていて損は無いと思っています。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!