ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【釣れる魚全て釣ってやるぜスタイル】釣り欲全解放!秋~冬の堤防で楽しめるリレーフィッシング

釣り物が特に多い秋。

暇さえあれば近くの港や堤防に河川など…、様々なフィールドに出向く記者自身。さてさて、今週も編集部の小噺ということで、私の番が回ってきました。今回のお題は「やったらわかる、これハマるやつやん。記者が今一番熱くなれる釣り」。

日頃釣り三昧の記者からすると、得意分野で少しテンション高め…。今回紹介する内容は、最近ドハマリ中の堤防で手軽&簡単に楽しめる「釣れる魚は全て釣る」という、禁断のリレーフィッシング。先日も丁度イイ釣りを展開できましたので、釣行の様子を絡めてお伝えしていたいと思います。

 

ポイントに到着。まずは足元を全長55cmのロッドで

今回のメインターゲットは旬の魚「タチウオ」。

今シーズンも例年通り、11月でもこの暖かさ。海水温もこれから徐々に下がり始める印象。つまりホームである大阪府や和歌山県、兵庫県エリアのタチウオはこれからが本番というても過言ではないくらい。

ポイントに着いて早速タチウオの準備をしていきます! と言いたいトコロですが、釣りに関しては超が付くほど欲張りな記者自身。せっかく海に来たなら「釣れる魚全て釣ってやるぜ」が記者のスタイル。

現地入りしたのも真昼間で、タチウオの時合いまでも時間はたっぷり。まずは足元に潜む魚達の機嫌を伺うため、ジャッカルの「エッグアーム」で足元攻めからスタート。記者が持っているのは全長55cmのSHORTY。

 

記者なりの攻め方は2通り

エッグアーム」を使った足元攻め、記者は普段から2パターンを使い分けています。

難しいことは何もなく、テトラ際や水中の敷石の中など、障害物周りをタイトに攻める場合は2inくらいのワームを使用したフリーリグやテキサスリグ。ウエイトは水深に合わせてシッカリ底を取れればOK。いわゆる根掛かり回避っていうヤツです。敷石やテトラの中の魚は意外と素直、ワームが魚のもとに届けば食ってきてくれるので、根掛かり回避を優先して手返しをアップさせることがコツ。

 

一方、堤防の足元を狙う場合は、ライトワインド用ジグヘッドに2inくらいのワームをセット。

根掛かりが少ないのでフッキング率を高める目的と、堤防の壁くらいしか障害物が無いので、魚もスレていて個体数も少ない印象。リアクションで無理矢理口を使わせて、遠くの魚にも気づいてもらうという狙いでライトワインド用ジグヘッドを選んでいます。

因みに今回の実釣では以下のアナハゼが遊んでくれました。因みに使用ワームはアクアウェーブの「ショートカットグラブ2.5in」。耐久性に優れていてエサ取りの被害にあうことも少なく、遠くから魚を寄せてくれるのでお気に入りです。

 

足元攻めの後はデイアジングを満喫

足元攻めもやりつくしたので、今度はアジングに挑戦。

デイでも正確にアジの居るレンジにジグヘッドを送り込んであげると釣れることが多いアジ。今回のポイントも夕方になると回遊してくるという話も聞いていたので、表層から順に探ってみることに。因みに使用ロッドはサーティフォーの「アドバンスメントFPR-46」に、リールはダイワの「カルディア FC LT2000S」にエステルライン0.3号にリーダーは0.8号のフロロカーボンライン。

まずは0.3gで表層を流すように潮の流れに任せてドリフトするも無反応。日も高いのでボトムかな?って思い、1gにウエイトを変更してカウント10辺りで底ギリギリを這わすように流すと、コンッと小さいバイト。合わせると20cmほどのアジをキャッチ。

 

それからパターンがハマって1投1匹ペース。以下の写真では18匹くらい? ですが、実際この後も釣れ続けて25匹ほどキャッチしました。

 

日が傾き始めてからは本命のタチウオ狙い

アジのマズメも終了。

周りが薄暗くなってくると、本命のタチウオ狙いにシフト! 早速ワインドにセッティングして周囲を広くサーチしていきます。因みに使用ロッドはエギングロッドを代用し、リールは3000番のスピニングリール。

こちらもアジングと同様カウントを入れていきます。アジングは表層から下にジグヘッドを落としていきましたが、タチウオは逆。3/8ozのワインド用ヘッドでボトムまでカウント20だったので、カウント10から上にレンジを上げながらサーチしていきます。

あくまで記者個人的な考えですが、タチウオは夕方になればなるほど表層へ上がってくるので、その動きに伴いながら攻めるレンジも中層から表層に上げる方が釣れるイメージ。

今回も中層から狙い始め、徐々にレンジを上へ上げていると18時過ぎにカウント5でヒット。結構手前でバイトしてきました。

 

 

足元に居ることが分かったので、ピッチングで軽く5mほどキャストしてから2匹連続キャッチ。時合いが超短くて結果3匹でフィニッシュ。

 

色々なジャンルを楽しめた1日

本命からの反応が渋かったとはいえ、アジに根魚類など。色々釣って楽しめた1日。

せっかく魚種豊富な海に行くなら色んな釣りを楽しみたいし、もし狙いの魚種がダメだとしても違う釣りで釣ることができればボウズのリスクも軽減できますよね!

1つの釣りをやり通すのもモチロン楽しいし達成感がありますが、たまにはこうして多魚種と戯れるのも良いのではないでしょうか? 釣ったアジとタチウオはお刺身とバター焼き? で美味しくいただきました。