ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【駿河湾で40cm級の大アジ釣れてます】ジャッカル杉山代悟のイチオシ「一度で二度おいしい」アジゲーム

連載:ジャッカルソルト
寄稿:杉山代悟

皆さんこんにちは。杉山代悟です。

駿河湾で40センチ級の大アジが釣れております!

 

駿河湾では毎年9月末あたりから、水温が下がり始めたタイミングで大アジが爆釣するんです。今回はそんな旬の駿河湾沖大アジの釣り方などを、少しご紹介していきたいと思います!

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの若きエース。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

 

運が良ければマダイも…!

釣り方は、タイラバの上にサビキ仕掛けをつけた「タイラバサビキ」。

 

「ビンビンアジサビキ」を使用

ジャッカルビンビンアジサビキは、サバ皮を使用した3本針仕様。そのためトラブルが少なく、手返し良くストレスフリーで大アジを釣るのに向いているサビキです。

オーロラのホロシート、グリーンのサバ皮があるので、潮の色や天候などによって食いが変わります。

 

水深が深く130m前後となるため重り変わりにつけるタイラバは156g以上のヘッドになります。アジが食うのは着底までのフォール時で、反応の中にサビキが入った時重いタイラバのフォールが止まるほどの強烈な引きをします。

アジのサイズがでかいのでライン切れやフックの伸びを減らすためS.M.Lとサイズがあるビンビンアジサビキの中でLサイズを使用します。

着底までにアジが食い付かなかった場合は、重り変わりについているタイラバを巻き巻き。運が良ければ真鯛も釣れてしまうという最高の釣りなのです♪

 

ちなみに先日は、70の真鯛の上に40センチ級アジが2匹…なんて言う事も!

瀬の駆け上がりに付いているアジで、メバルやアマダイ、脂の乗った大サバなどのゲストも釣れる為、今後駿河湾にタイラバでお越しの際は必ずビンビンアジサビキをお持ちください!

脂ノリノリでめちゃめちゃ美味しい大アジ、是非このタイミングに釣りに来てください!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!