ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【J=ジョイント】コンパクトで沢山のジグヘッドを収納できる!明邦化学工業の「スリットフォームケースJ」の魅力に迫る

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

アジングに冬になるとメバリング。

SWライトゲームが楽しくなるこれからの季節。やっぱり醍醐味といえば、軽装備でサクッとフィールドに行けることではないでしょうか? さて! 今回は、そんなライトゲームをさらに手軽に、快適にしてくれるアイテムを紹介。

 

スリットフォームケースJ【明邦化学工業】

明邦化学工業がラインナップしている、ジグヘッド収納に最適な「スリットフォームケースJ」を紹介。因みに「J」というのはジョイントの頭文字で、他のJシリーズと連結させることができます。

サイズ 素材 備考 税込価格
175×105×22mm 本体:ポリプロピレン
マット:発泡ポリエチレン
HG ¥880

明邦化学工業公式「スリットフォームケースJ」詳細ページはこちら

 

コンパクトで収納できるフックも沢山

最大の特長はコンパクトで収納できるフックが多いトコロ。

蓋を開けると一面スリットフォーム仕様で多くの溝が採用されています。それにより、多くのジグヘッドを収納することが可能! 因みに記者自身はジグヘッドだけでなく、オフセットフックやマスバリなど、色々なフックをまとめて収納していますよ。

 

コンパクト形状

また、厚さ22mmのコンパクト形状で持ち運びも超ラク!

単体で使用する際は以下の写真のようにあらかじめワームをセットしておけば、「スリットフォームケースJ」1つあるだけでSWライトゲームを満喫することができます。釣りをしている時はパンツのポケットに仕舞うだけでOK。

 

2大タックルボックスにシステム収納が可能

もう1つ大きなメリットがあります。

明邦化学工業の2大タックルボックス、「バケットマウス」と「ランガンシステムボックス」の上段にシステム収納ができる点! このようにして上段に収納できるので、ジグヘッドのウエイト交換も超ラクに行うことができます。

 

対応機種は以下の通り

中皿に収納:BM-5000、VS-7080 上段にシステム収納:VS-7070・7055、VW-2070・2055の

 

他の「J」シリーズとジョイントが可能!

現在、「スリットフォームケースJ」以外に、「ライトゲームケースJ」、「ルアーゲームケースJ」、「クワトロケースJ」といった3つの「J」シリーズがラインナップ。

それぞれアイテム同士のジョイントが可能となっているので、ぜひ色々なパターンを実践してみてくださいね!

 

以上、明邦化学工業の「スリットフォームケースJ」の紹介でした。これから増々盛り上がってくるSWライトゲームにぜひ使ってみてくださいね!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!