ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【これから迎える低水温期に】ゲーリーヤマモトの釣れる鬼定番ワーム!「カットテールワーム」全7種類をまとめて紹介

何とか1本釣りたい。

バス釣りをしていると良く思いますよね。特にこれから冬に向かって水温が低下、さらにバスもナーバスになってきます。

そんな釣れない状況下で何とかバスを釣りたい時、これまでお世話になったという方も多いのではないでしょうか? ゲーリーヤマモトの鬼定番、「カットテールワーム」。バサーなら誰もが知るロングセラーワームですよね。これから迎える低水温期に多用される方も多いと思いますので、今回はカットテールワームの魅力を改めて紹介していきたいと思います。

 

カットテールワームの種類

カットテールワームは4inがオリジナルサイズ。

その後、サイズダウンやボリュームアップなどが繰り返され、現在は3.5in~10inまでの7サイズがラインナップ。サイズ問わず、基本的には控えめなアクションで、ノーシンカー時の水平フォールや、自然なダートアクションが最強の武器。他にも色々なリグに対応してくれるのもメリットの1つですよ。

 

サイズ比較はこんな感じ

 

各サイズ共に、ただ単にサイズをアップさせているわけではなく、全体のバランスを考慮して設計。

具体的に、7.75inと10inだと長さは大幅に異なりますが、10inの方がボディがスリム! ワーム自体の重さはほとんど変わりません。

また、ゲーリーヤマモトならではの豊富なカラーバリエーションも魅力。オリジナルの4inではなんと67種類ものカラーが揃っています。

 

この豊富なカラーラインナップによって、天候・エリアを選ばず釣れるワームというのも納得。

ソルトが混ざった生命感ある素材がゲーリーワームの大きな特長でもありますが、ノンソルトタイプもラインナップ。比重の軽さを活かし、ダウンショットでも尻下がりの姿勢になることがなく、より幅広い攻め方が可能ですよ。

また、スローフォールするので食わせの間も入れやすく「ダウンショットとノーシンカーとミドストは絶対ノンソルト!」なんてアングラーも結構居るんだとか。

 

続いてはサイズごとに特長をご紹介!
1 / 4
次へ