ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【二枚貝を捕食しているマダイにイガイと効果的?!】田中亜衣「TGビンビンスイッチ」の使い所

連載:ジャッカルソルト
寄稿:田中 亜衣

皆さん、こんにちは。田中亜衣です。

朝晩涼しくなって、絶好の季節になりましたね。私のホームの紀淡海峡でも水温が25度を切って、ようやく秋っぽくなってきました。

真鯛のほうは…あまり活性が良くないのですが、釣れればパンパンに太った魚体です。ルアーへの追いが良くないだけで、餌は結構食べてるんでしょうね。

そんな状況で真鯛たちは何を食べてるかというと…

「二枚貝」なんです。

 

イケスの中は、釣った真鯛が吐いた貝殻だらけ。 そんな状況の中、釣れているのがビンビンスイッチです。

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルSALTプロスタッフ。タイラバのエキスパートとして知られるアングラーで、どんな状況にも対応する柔軟なタイラバスタイルを確立している。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 また2021年春から、遊漁船「FxF KIX”(エフバイエフ キックス)」をスタート! キャプテンとして大阪湾南部から和歌山エリアの様々な釣り・スタイルを案内してくれている!

 

ビンビンスイッチが二枚貝に見えてる?

…ということではなくて(笑)

二枚貝を好んで食べてる時ってイワシや甲殻類などを食べてる時と比べて、ルアーの出す波動や水押しは小さくしなくてはなかなかバイトしてくれません。

二枚貝は「止まっているベイト」、つまり動きのない餌なので波動は出ません。真鯛は二枚貝のいるポイントで目で探して捕食します。なので、波動の小ささもさることながらシルエットの小ささがキーになることが多いです。

その点、ビンビンスイッチはヘッドとネクタイが並列に配置されているためタイラバと比べるとシルエットはコンパクトに仕上がっています。

 

使い方は、タイラバと同じ

使い方は「落として巻くだけ」。タイラバと同じ使い方で大丈夫です。

ただ、タイラバに比べてフォールスピードが速いためボトムを感じやすく、ワンランク軽いヘッドを使うことが可能です。

 

その他、バチパターンなどにも

スローの代名詞といえば「バチパターン」。そのバチパターンにもビンビンスイッチがハマることがあります。

要するに「ビンビンスイッチ」はタイラバゲームにおいて、何らかの理由で真鯛の動きがスローな時に効くことが特長です。

ヘッド、ネクタイ、フックがコンパクトに配置されている「ビンビンスイッチ」。これから冬に向けても大活躍してくれること間違いなし。

持っているだけで、かなり有利にタイラバゲームを展開できますので、釣行時にはお忘れなく。

それでは皆さま、良い釣りを♪

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!