ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【新生タイドミノー】究極のスタンダードを目指した「タイドミノースプラット」がDUOから登場

DUOから究極のスタンダードを目指した「新生タイドミノー」が登場となります。

タイドミノーといえばDUOを代表するルアーで、オリジナルのタイドミノーをはじめ、サーフ、スリムなどその派生系も多数。

タイドミノースプラット120SF/140SF

出典:DUO

そんなタイドミノーの新作が「タイドミノースプラット」

展開としては「タイドミノースプラット120SF」「タイドミノースプラット140SF」となります。

SFはスローフローティングを意味します。

タイドミノースプラット120SF

 

レングス ウエイト タイプ レンジ フック リング 価格(税込み)
120mm 19g 重心移動・スローフローティング 0.5~1.5m #5 フックアイ#3 ¥2,090

DUO公式タイドミノースプラット120SF詳細ページはこちら

タイドミノースプラット140SF

レングス ウエイト タイプ レンジ フック リング 価格(税込み)
140mm 24.5g 重心移動・スローフローティング 0.5~1.8m #4 フックアイ#3 ¥2,200

DUO公式タイドミノースプラット140SF詳細ページはこちら

さらなる飛距離とアクションレスポンスの高さ

究極のスタンダードを目指した…という部分でいうと、元々タイドミノーは汎用性が非常に高いルアーとしてロングセラーとなっているルアー。

ただ、タイドミノーが得意とするシーバスをはじめ、昨今は細かな状況ごとに繊細なアクションやアプローチが求められるシーンが多くなってきました。

そこで各種の状況にマッチしたアクションであったりを目指すというのもひとつの方向性。ただ、タイドミノースプラットはさまざまな状況があっても、「それでもコレで大丈夫」という究極のスタンダードを目指したんだとか。

まずは重心移動も相まって、さらなる飛距離を得ていること。そして、シビアな状況でもアングラーの意のままに操れるアクションレスポンスの高さが特に大きく変わっているそうです。

詳しい違いなどは、DUOからも今後公開されていくものと思われますが、まず汎用性の高いタイドミノーが超汎用性の高いタイドミノースプラットに…ということで大注目!

アクション動画

出典:YouTube「DUO JAPANデュオ公式チャンネル」